トップページ  » 動画ブログ  » 自分に正直になるだけで人類は平和になる ありのままの私 男装をやめた東京大学教授安冨歩さん著作感想

2017.10.18 WED - 動画ブログ

自分に正直になるだけで人類は平和になる ありのままの私 男装をやめた東京大学教授安冨歩さん著作感想

自分に正直になるだけで人類は平和になる ありのままの私 男装をやめた東京大学教授安冨歩さん著作感想、というライブをやろうと思います。安冨歩さんは京都大学経済学部卒業後、株式会社住友銀行に勤務し、バブルを発生させる仕事に従事していました。しかし、そこで優秀なはずの人々が異常な活動に命がけで没頭する状況に耐えられず二年半で退社し、京都大学大学院経済学研究科修士課程に進学しています。

修士号取得後に京都大学人文科学研究所助手。その後、ロンドン大学の森嶋通夫教授の招きで、同大学の政治経済学校(LSE)のサントリー=トヨタ経済学・関係分野研究所(STICARD)の滞在研究員となる。1997年に博士号を取得し、学位論文『「満洲国」の金融』(創文社)で第四十回日本経済新聞経済図書文化賞を受賞。名古屋大学情報文化学部助教授、東京大学大学院総合文化研究科助教授、情報学環/学際情報学府助教授を経て、東洋文化研究所准教授、2009年より同研究所教授という経歴と肩書きを持たれています。

安冨さんの研究は一言で言うとこの本の序文で紹介されているのですが『人類は何故環境破壊や戦争、バブルと言った多くの人に取って損するようなことを全員で一生懸命やってしまうのか?』というものです。確かに不思議ですよね。地球環境や戦争なんてこのまま続いたらどうなるんでしょうか?核爆弾が70年ほど前に広島に落ちましたが、後70年で核爆弾よりも1億倍強力な爆弾ができて太陽系を消滅させることが出来るようになってしまったらどうするんでしょうか?それでも人類は戦争をやめていません。

安冨さんはこの著書の中で人類がそのようなことをしてしまうのは『人が自分でないもののふりをしているストレスのせい』と言っています。

例えば就活
例えば受験
例えば結婚
例えば出世競争
例えば仕事・・・

更にいえば、男性女性という役割ですらやりたくないものの可能性があるのです。本来やりたくない事、自分らしくないこと、やりたくないはずのことをやりすぎて自分自身でないもののふりをしすぎたストレスのせいでそうなっていると語っています。つまり

自分らしくないことをすることは戦争や環境破壊に繋がる

という事なのです。凄いでしょ?この本は著者自身が東京大学教授という立場にいながら『私は女性装をする』と言って自分の正直に生きている点です。研究者として学者として、そして人としてここまで自分の正直生きて実践されてる人は尊敬に値します。皆さんも是非買いましょう。本日はこの本の紹介ライブを行います。

ありのままの私 安冨 歩さん
http://amzn.asia/gFyLVD2

みんなも買おう!Amazonには8冊しか在庫がない!多分一月万冊が紹介したらすぐ売り切れちゃうぞ!(笑)急いでクリックだ!

自分に正直になるだけで人類は平和になる ありのままの私 男装をやめた東京大学教授安冨歩さん著作感想


22時40分からスタート。なお、女性装をされてる安冨歩さんを茶化すコメントは全て私がぶっ殺す・・・おっとっと、SNS的にブロックさせて頂きます。興味がある人はこのURLを時間になったらクリックしてください。見れなかった人も後で録画で見れます。

追伸

最近Facebook友達申請が多いのですがスパムと分けるためにも、基本的に友達申請は私の記事にいいね!してくれた人に私から申請するようにしています。

YouTube https://www.youtube.com/c/yukoreadman/
Twitter https://twitter.com/monthlymansatsu
LINE https://line.me/R/ti/p/%40uzz0811w

今日も読書!

一月万冊 清水有高(しみずゆうこう)滋賀県出身。ビ・ハイア株式会社代表取締役。滋賀県立大学人間文化学部卒業。ベンチャー役員、上場企業役員などを経験しコーチ、投資家、経営者として活動中。コーチングと読書を経営に活かし営業利益1億円以上、自己資本比率70%の会社を経営。8年間でスタッフ1人あたりの営業利益を100倍以上にする。コーチングと読書を通じて色々な可能性をみんなに伝えていきたくてこのチャンネルを運営中。月1,500冊以上の読書をして、それとは別腹で漫画も毎月数百冊読む。趣味はパイプ、葉巻、ドライブ、喫茶店&本屋å巡り。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清水 有高

清水 有高Yukou Shimizu

ビ・ハイア株式会社 代表取締役

一月万冊 清水有高(しみずゆうこう)滋賀県出身。元不登校児、母子家庭育ち。ビ・ハイア株式会社代表取締役。滋賀県立大学人間文化学部卒業。ベンチャー役員、上場企業役員などを経験しコーチ、投資家、経営者として活動中。東京大学を始め各種大学でも講演多数。コーチングと読書を経営に活かし営業利益1億円以上、自己資本比率70%の会社を経営。8年間でスタッフ1人あたりの営業利益を100倍以上にする。

新着記事

人気ランキング