トップページ  » 動画ブログ  » プロ意識を持つ重要性 ジャーナリスト歴30年烏賀陽弘道さんと一月万冊清水有高が語るプロ意識について

2017.10.10 TUE - 動画ブログ

プロ意識を持つ重要性 ジャーナリスト歴30年烏賀陽弘道さんと一月万冊清水有高が語るプロ意識について

プロ意識を持つ重要性 ジャーナリスト歴30年烏賀陽弘道さんと一月万冊清水有高が語るプロ意識についてというライブをやります。読者を幸せにしたい、それが私の喜び、烏賀陽さんはそう語ります。お金、出世などよりも大切にしたい仕事上の目的。信念がある人は強いです。逆に、仕事上の目的がお金や福利厚生だけだと辛いし仕事での踏ん張りもききません。烏賀陽さんは朝日新聞社を辞めてからずっと1人でジャーナリストを続けています。朝日新聞社を辞めて14年、フリーでジャーナリストを続けるというのは凄いことなんです。しかもこんなに渋いテーマを中心に!何故そんなに一つの事に信念をもって続けられるのか?それについて語ります。

プロ意識を持つ重要性 ジャーナリスト歴30年烏賀陽弘道さんと一月万冊清水有高が語るプロ意識について


興味がある人はこのURLを時間になったらクリックしてください。見れなかった人も後で録画で見れます。19時40分スタート。

と言う訳でクリック!下記は私のアフィリエイトリンクですら無いので1円も入ってこない。それでも勧めたい。

「Jポップ」は死んだ (扶桑社新書) 鳥賀陽 弘道
http://amzn.asia/dz3lam3

フェイクニュースの見分け方 (新潮新書) 烏賀陽 弘道
http://amzn.asia/5lPp7CP

追伸

最近Facebook友達申請が多いのですがスパムと分けるためにも、基本的に友達申請は私の記事にいいね!してくれた人に私から申請するようにしています。

YouTube https://www.youtube.com/c/yukoreadman/
Twitter https://twitter.com/monthlymansatsu
LINE https://line.me/R/ti/p/%40uzz0811w

今日も読書!

一月万冊 清水有高(しみずゆうこう)滋賀県出身。ビ・ハイア株式会社代表取締役。滋賀県立大学人間文化学部卒業。ベンチャー役員、上場企業役員などを経験しコーチ、投資家、経営者として活動中。コーチングと読書を経営に活かし営業利益1億円以上、自己資本比率70%の会社を経営。8年間でスタッフ1人あたりの営業利益を100倍以上にする。コーチングと読書を通じて色々な可能性をみんなに伝えていきたくてこのチャンネルを運営中。月1,500冊以上の読書をして、それとは別腹で漫画も毎月数百冊読む。趣味はパイプ、葉巻、ドライブ、喫茶店&本屋巡り。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清水 有高

清水 有高Yukou Shimizu

ビ・ハイア株式会社 代表取締役

一月万冊 清水有高(しみずゆうこう)滋賀県出身。元不登校児、母子家庭育ち。ビ・ハイア株式会社代表取締役。滋賀県立大学人間文化学部卒業。ベンチャー役員、上場企業役員などを経験しコーチ、投資家、経営者として活動中。東京大学を始め各種大学でも講演多数。コーチングと読書を経営に活かし営業利益1億円以上、自己資本比率70%の会社を経営。8年間でスタッフ1人あたりの営業利益を100倍以上にする。

新着記事

人気ランキング