トップページ  » 動画ブログ  » テレビは死んだ 神は死んだ ツァラトゥストラとテレビの裏側について 古典を読んで現代について考える

2014.07.28 MON - 動画ブログ

テレビは死んだ 神は死んだ ツァラトゥストラとテレビの裏側について 古典を読んで現代について考える

この動画が伸びてるな〜長谷川さんという人が書いたテレビの裏側系の本は『テレビを信じてる人ほど』反対されるんだなと実感中。テレビを信じた人がテレビによって埋め込まれた『長谷川さん=ダメな人』というのを信じてる。読書ブログを運営していて思う事は『その本に何が書かれいてるか』と言うことよりも『どんな人が書いたか』のほうが重要視される。この人が書いたから信じられる、この人が書いたから信用できない、という判断で本を無意識に判断してる人が本当に多い。でも、古典とかを読むとどうやら人類は数百年以上前からそんな風に古今東西どこでも読者というのは判断してきたらしい(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清水 有高

清水 有高Yukou Shimizu

ビ・ハイア株式会社 代表取締役

一月万冊 清水有高(しみずゆうこう)滋賀県出身。元不登校児、母子家庭育ち。ビ・ハイア株式会社代表取締役。滋賀県立大学人間文化学部卒業。ベンチャー役員、上場企業役員などを経験しコーチ、投資家、経営者として活動中。東京大学を始め各種大学でも講演多数。コーチングと読書を経営に活かし営業利益1億円以上、自己資本比率70%の会社を経営。8年間でスタッフ1人あたりの営業利益を100倍以上にする。

新着記事

人気ランキング