トップページ  » 動画ブログ  » 楽しく生きる 高橋和巳(精神科医)感想 楽しく生きるためには絶望と闇に向き合うことが必要 一月万冊 清水有高

2020.02.06 THU - 動画ブログ

楽しく生きる 高橋和巳(精神科医)感想 楽しく生きるためには絶望と闇に向き合うことが必要 一月万冊 清水有高

うつ病が良くなってきたときに読んでお世話になり、とても参考になった高橋和巳さんの本。50才代以降の人だと高橋和巳さんと言えば「邪宗門」とか書いてる人の方が有名です。そっちじゃないです(笑)精神科医の高橋和巳さんです。アマゾンで検索するとどっちもごちゃ混ぜで出てきます。ややこしい・・・

この楽しく生きるは、タイトルに反して楽しい内容では全くありません(笑)絶望や死の恐怖、孤独との恐怖について書かれた本です。私はこの本を読んで非常に感銘を受けました。いい本ですよ^^おすすめ。

楽しく生きる 高橋和巳(精神科医)感想 楽しく生きるためには絶望と闇に向き合うことが必要 一月万冊 清水有高


動画に高評価ボタン押してください。Facebookいいねもほしい!高評価ボタン押してくれなかったら清水さんすねて感想動画アップしません!(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清水 有高

清水 有高Yukou Shimizu

ビ・ハイア株式会社 代表取締役

一月万冊 清水有高(しみずゆうこう)滋賀県出身。元不登校児、母子家庭育ち。ビ・ハイア株式会社代表取締役。滋賀県立大学人間文化学部卒業。ベンチャー役員、上場企業役員などを経験しコーチ、投資家、経営者として活動中。東京大学を始め各種大学でも講演多数。コーチングと読書を経営に活かし営業利益1億円以上、自己資本比率70%の会社を経営。8年間でスタッフ1人あたりの営業利益を100倍以上にする。

新着記事

人気ランキング