トップページ  » 動画ブログ  » アウシュヴィッツ収容所 ルドルフ・ヘス著作 感想 善人が歯車となって悪を成す恐ろしさ

2020.02.06 THU - 動画ブログ

アウシュヴィッツ収容所 ルドルフ・ヘス著作 感想 善人が歯車となって悪を成す恐ろしさ

久しぶりに読書感想動画とりました。アウシュヴィッツ収容所の司令官、ルドルフヘスの書いた本です。重い。重すぎる。でも、下手な自己啓発本読むよりもよっぽど為になる。人間が悪をなす時と言うのはどういう時なのか?アウシュヴィッツなんて事をやった人は極悪人で自分とは全く違う、と思い込みたい人にお勧め。闇を知るという事は光を見れるという事です。

アウシュヴィッツ収容所 ルドルフ・ヘス著作 感想 善人が歯車となって悪を成す恐ろしさ


動画に高評価ボタン押してください。高評価ボタン押してくれなかったら清水さんすねて感想動画アップしません!(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清水 有高

清水 有高Yukou Shimizu

ビ・ハイア株式会社 代表取締役

一月万冊 清水有高(しみずゆうこう)滋賀県出身。元不登校児、母子家庭育ち。ビ・ハイア株式会社代表取締役。滋賀県立大学人間文化学部卒業。ベンチャー役員、上場企業役員などを経験しコーチ、投資家、経営者として活動中。東京大学を始め各種大学でも講演多数。コーチングと読書を経営に活かし営業利益1億円以上、自己資本比率70%の会社を経営。8年間でスタッフ1人あたりの営業利益を100倍以上にする。

新着記事

人気ランキング