トップページ  » 動画ブログ  » 年収が上がる落ち込み方。落ち込まないメンタル管理ではなく落ち込んでもいいメンタル管理について。

2020.01.29 WED - 動画ブログ

年収が上がる落ち込み方。落ち込まないメンタル管理ではなく落ち込んでもいいメンタル管理について。

経営者必見!年収が上がる落ち込み方、と言うのをうつ病になった清水さんが語ります。落ち込まずにいつも元気に目標を達成していく!そんな清水さんに「落ち込むこと」は悪でした。しかし、うつ病になってから「上手な落ち込み方」「落ち込むことの効用」を知る事が出来ました。

特に社長とか管理職は落ち込むことを見せることが許されません。落ち込んでる社長なんて付いていきたくないし、銀行との取引の際に落ち込みまくってる社長なんてお金貸してもらえないでしょう。様々な場所で「元気」でいる事が求められる経営者、ビジネスマン達。でもそんなこと続けてたらいつか折れてしまうかも。

年収が上がる落ち込み方。落ち込まないメンタル管理ではなく落ち込んでもいいメンタル管理について。
https://youtu.be/WyEEliNiIuk
21時30分スタート。興味がある人はこのURLを時間になったらクリックしてください。見れなかった人も後で録画で見れます。

落ち込まないメンタル管理ではなく落ち込んでもいいメンタル管理について話します。今回はそれについて私がうつ病が酷いときに助けてもらった烏賀陽さんとライブをしようと思います。何故烏賀陽さんと?と思う人は見たらわかります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清水 有高

清水 有高Yukou Shimizu

ビ・ハイア株式会社 代表取締役

一月万冊 清水有高(しみずゆうこう)滋賀県出身。元不登校児、母子家庭育ち。ビ・ハイア株式会社代表取締役。滋賀県立大学人間文化学部卒業。ベンチャー役員、上場企業役員などを経験しコーチ、投資家、経営者として活動中。東京大学を始め各種大学でも講演多数。コーチングと読書を経営に活かし営業利益1億円以上、自己資本比率70%の会社を経営。8年間でスタッフ1人あたりの営業利益を100倍以上にする。

新着記事

人気ランキング