トップページ  » 動画ブログ  » 新年初ライブ。どん底に落ちても生き残る考え方について。博報堂から一転して刑務所へ。そこから生き残った本間さんに、うつ病を乗り越えて来た清水有高がインタビュー。作家本間龍さんとYouTubeLiveします。

2020.01.10 FRI - 動画ブログ

新年初ライブ。どん底に落ちても生き残る考え方について。博報堂から一転して刑務所へ。そこから生き残った本間さんに、うつ病を乗り越えて来た清水有高がインタビュー。作家本間龍さんとYouTubeLiveします。

どん底に落ちても生き残る考え方について。博報堂から一転して刑務所へ。そこから生き残った本間さんに、うつ病を乗り越えて来た清水有高がインタビュー。作家本間龍さんとYouTubeLiveします。18時15分スタート。私は去年はうつ病になり、どん底にいました。その時に色々話を聞いてもらったのが原発広告、憲法改正問題で様々な本を書いている本間龍さんでした。

本間龍さんは昭和37年東京都生まれ。昭和64年に博報堂に中途採用され、その後約18年間、一貫して営業を担当。2006年同社退職後に知人に対する詐欺容疑で逮捕・有罪となり、栃木県の黒羽刑務所に1年間服役されました。出所後その体験を綴った『懲役を知っていますか』(学研)で作家デビュー。主に日本の刑務所、司法行政を研究。刑務所や受刑者の現状についての講演などで活動されています。

博報堂という大企業から一転し、転落していった過程を本にもされていてそれが「転落の記」です。このような転落を経験されたのに、今は精力的に色々な活動をされている。私が疑問だったのは

どうしてそんなにどん底に落ちたのに今、精力的に活動できるのか?私は辛いときに本間さんに色々聞きました。その時の話は皆さんにも何か力を与えるものでは無いのか?と思うのでライブ配信しようと思いました。

どん底に落ちても生き残る考え方について。博報堂から一転して刑務所へ。そこから生き残った本間さんに、うつ病を乗り越えて来た清水有高がインタビュー。


19時10分スタート。興味がある人はこのURLを時間になったらクリックしてください。見れなかった人も後で録画で見れます。

本間龍さんの最新刊はオリンピックボランティア問題に切り込んだです。

ブラックボランティア
https://www.amazon.co.jp/dp/4040821920/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清水 有高

清水 有高Yukou Shimizu

ビ・ハイア株式会社 代表取締役

一月万冊 清水有高(しみずゆうこう)滋賀県出身。元不登校児、母子家庭育ち。ビ・ハイア株式会社代表取締役。滋賀県立大学人間文化学部卒業。ベンチャー役員、上場企業役員などを経験しコーチ、投資家、経営者として活動中。東京大学を始め各種大学でも講演多数。コーチングと読書を経営に活かし営業利益1億円以上、自己資本比率70%の会社を経営。8年間でスタッフ1人あたりの営業利益を100倍以上にする。

新着記事

人気ランキング