トップページ  » 動画ブログ  » 世界標準の戦争と平和について。東京大学安冨歩教授とジャーナリスト烏賀陽さん対談。一月万冊清水有高。

2019.11.23 SAT - 動画ブログ

世界標準の戦争と平和について。東京大学安冨歩教授とジャーナリスト烏賀陽さん対談。一月万冊清水有高。

烏賀陽さんと安冨さんが世界標準の戦争と平和について語った動画をアップしました。私は前から烏賀陽さんの新刊本発売にあたり、京都大学時代の友人である烏賀陽さんと安冨さんの対談を取りたいと思っていました。
 
この二人が安全保障について語ると絶対面白くなる、と確信していました。実際撮影したら超面白いものになりました。
 
領海、接続水域、排他的経済水域の違いを知らない人達に何を伝えたらいいのか?刑法と民法の違いがわからない人達に何を伝えたらいいのか?そもそも、国家が成り立っていない状態での安全保障とは何なのか?色んな話がとても面白いです。
 
時代は国家対国家という枠組みを超えて動いていますが、その前にまず教科書的に「国家対国家」を想定した安全保障論を学んでおくことはとても大切なことだと思います。それが無いと次に行けない。
 
安全保障という枠組みを超えて国家とは何か?国家の次に来るのは何か?と話が広がります。是非ご覧あれ。
 
世界標準の戦争と平和について。東京大学安冨歩教授とジャーナリスト烏賀陽さん対談。一月万冊清水有高
 
興味がある人はこのURLをクリックしてください。
 
烏賀陽さんの新刊 世界標準の戦争と平和
 
 
最近清水さんにFacebook友達申請多いのですが一言「記事見ました。申請します」と書いて送って頂けると申請しやすいです。よろしくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清水 有高

清水 有高Yukou Shimizu

ビ・ハイア株式会社 代表取締役

一月万冊 清水有高(しみずゆうこう)滋賀県出身。元不登校児、母子家庭育ち。ビ・ハイア株式会社代表取締役。滋賀県立大学人間文化学部卒業。ベンチャー役員、上場企業役員などを経験しコーチ、投資家、経営者として活動中。東京大学を始め各種大学でも講演多数。コーチングと読書を経営に活かし営業利益1億円以上、自己資本比率70%の会社を経営。8年間でスタッフ1人あたりの営業利益を100倍以上にする。

新着記事

人気ランキング