トップページ  » 動画ブログ  » ライブ予告。リアルな世界で知識をどう活かすか。世界標準の戦争と平和を読んで。烏賀陽さんとライブ

2019.11.02 SAT - 動画ブログ

ライブ予告。リアルな世界で知識をどう活かすか。世界標準の戦争と平和を読んで。烏賀陽さんとライブ

烏賀陽さんとライブやります。20時45分スタート。私も関わった烏賀陽さん新刊「世界標準の戦争と平和」をテーマにリアルな世界で知識をどう活かすか、という観点でライブをしようと思います。

その背景には私の中で「私も知らない間に平和ボケの読書家になってたのかもしれない」という反省があったからです。

思想や哲学、政治の話と安全保障の話はリンクしています。私が読書してて思うのは思想や哲学の話と具体的な安全保障の話どちらもある程度のレベルでわかってる人って本当に少ないです。(ちなみに安全保障=軍事ではありません)

私は「戦争と平和のリアル」を忘れたままフワフワと読書をしていただけなのでは?と反省しました。それが平和ボケの読書家です。今回はその反省を踏まえ、安全保障だけではなく「得た知識をリアルな世界でどう活かすのか」というテーマでライブをします。

リアルな世界で知識をどう活かすか。世界標準の戦争と平和を読んで。烏賀陽さんとライブhttps://youtu.be/6r8NvXWeipw

世界標準の戦争と平和 烏賀陽弘道
https://www.amazon.co.jp/dp/4594082335/

参考ブログ記事
私も知らない間に平和ボケの読書家になってたのかもしれない。反省。烏賀陽さん新刊「世界標準の戦争と平和」を読んで。

私も知らない間に平和ボケの読書家になってたのかもしれない。反省。烏賀陽さん新刊「世界標準の戦争と平和」を読んで。



烏賀陽弘道さんの新刊「世界標準の戦争と平和」は無知の知を実感出来る必読の書。

烏賀陽弘道さんの新刊「世界標準の戦争と平和」は無知の知を実感出来る必読の書。



日本人が安全保障音痴になってしまった理由を烏賀陽さんの新刊「世界標準の戦争と平和」を読んで考えてみた

日本人が安全保障音痴になってしまった理由を烏賀陽さんの新刊「世界標準の戦争と平和」を読んで考えてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清水 有高

清水 有高Yukou Shimizu

ビ・ハイア株式会社 代表取締役

一月万冊 清水有高(しみずゆうこう)滋賀県出身。元不登校児、母子家庭育ち。ビ・ハイア株式会社代表取締役。滋賀県立大学人間文化学部卒業。ベンチャー役員、上場企業役員などを経験しコーチ、投資家、経営者として活動中。東京大学を始め各種大学でも講演多数。コーチングと読書を経営に活かし営業利益1億円以上、自己資本比率70%の会社を経営。8年間でスタッフ1人あたりの営業利益を100倍以上にする。

新着記事

人気ランキング