トップページ  » 動画ブログ  » 烏賀陽さん新刊「世界標準の戦争と平和」にかけた想いを担当編集の扶桑社田中局長が語ります!

2019.10.20 SUN - 動画ブログ

烏賀陽さん新刊「世界標準の戦争と平和」にかけた想いを担当編集の扶桑社田中局長が語ります!

扶桑社田中書籍局局長の田中さんと烏賀陽さんの応援動画撮りました。田中さんは明治大学文学部を出てから凸版印刷に新卒で入社されています。それから2年後に扶桑社に転職。以降30年以上の編集者としてのキャリアを持たれています。

田中さんは私が応援する著者である烏賀陽弘道さんの新刊「世界標準の戦争と平和」の担当編集者さんでもあります。編集者さんが烏賀陽さんの新刊をどういう想いで編集されたのか?それについて語ってもらいました。

裏話沢山あってとにかく面白い。この本を作るに当たって苦労話ベスト3!とかも面白い。ベスト1はヤバすぎて・・・

田中さんご自身が語られていますが、この本は「核兵器」についても言及しています。そして私は動画で喋っていて始めて知りましたが田中さんのお父さんは被爆者なのです。田中さんとしても色々な想いを込めてこの本を作られました。是非観てください。

烏賀陽さん新刊「世界標準の戦争と平和」にかけた想いを担当編集の扶桑社田中局長が語ります!


田中さんが担当された★烏賀陽弘道さん トーク&サイン会『世界標準の戦争と平和―初心者のための国際安全保障』八重洲ブックセンターにて10月25日19時〜開催!

予約はこちらから。
https://www.yaesu-book.co.jp/events/talk/16948/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清水 有高

清水 有高Yukou Shimizu

ビ・ハイア株式会社 代表取締役

一月万冊 清水有高(しみずゆうこう)滋賀県出身。元不登校児、母子家庭育ち。ビ・ハイア株式会社代表取締役。滋賀県立大学人間文化学部卒業。ベンチャー役員、上場企業役員などを経験しコーチ、投資家、経営者として活動中。東京大学を始め各種大学でも講演多数。コーチングと読書を経営に活かし営業利益1億円以上、自己資本比率70%の会社を経営。8年間でスタッフ1人あたりの営業利益を100倍以上にする。

新着記事

人気ランキング