トップページ  » 動画ブログ  » 今一生さんと清水有高のうつトーク「清水さんうつ病になって回復していく過程で気づいた事」

2019.10.09 WED - 動画ブログ

今一生さんと清水有高のうつトーク「清水さんうつ病になって回復していく過程で気づいた事」

清水さんうつ病になりましてその回復過程で気づいた事を著者である今一生さんと色々トークしております。

うつ病ってものすごく幅広い症状に対して何となくつけられてる名前なんです。そもそも脳みその中で起きてること、心の中で起きてることなのでレントゲン撮ってもわかりません。だから治療だってものすごく多岐にわたっているし、とても難しい。そんな中で気づいた事を色々語っています。

今一生さんと清水有高のうつトーク「清水さんうつ病になって回復していく過程で気づいた事」


今さんには私がうつでものすごく落ち込んでるときに、午前3時でも電話したら話を聞いてくれました。ほんとありがたい。これからも今さんの活動応援して行きたいし、御礼に今さんのイベントにはカンパを続けて生きたいと思っています。

今 一生(こん いっしょう)さん
Con Isshow
フリーライター・編集者
1965年生まれ、群馬県出身。早稲田大学第一文学部(当時)除籍後、コピーライターを経てフリーの雑誌記者に。1997年、『日本一醜い親への手紙』を「Create Media」名義で編集。Create Media名義の編著に『子どもたちの3.11』(学事出版)ほか。著書に『よのなかを変える技術 14歳からのソーシャルデザイン入門』(河出書房新社)、『猫とビートルズ』(写真・雨樹一期との共著/金曜日)など多数。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清水 有高

清水 有高Yukou Shimizu

ビ・ハイア株式会社 代表取締役

一月万冊 清水有高(しみずゆうこう)滋賀県出身。元不登校児、母子家庭育ち。ビ・ハイア株式会社代表取締役。滋賀県立大学人間文化学部卒業。ベンチャー役員、上場企業役員などを経験しコーチ、投資家、経営者として活動中。東京大学を始め各種大学でも講演多数。コーチングと読書を経営に活かし営業利益1億円以上、自己資本比率70%の会社を経営。8年間でスタッフ1人あたりの営業利益を100倍以上にする。

新着記事

人気ランキング