トップページ  » 動画ブログ  » 偽りの人生を抜けて真実の人生を生きる方法〜他人からの押しつけから逃れてやりたい事をやる〜19時10分スタート。

2018.10.02 TUE - 動画ブログ

偽りの人生を抜けて真実の人生を生きる方法〜他人からの押しつけから逃れてやりたい事をやる〜19時10分スタート。

一月万冊サムネ.jpg
偽りの人生を抜けて真実の人生を生きる方法〜他人からの押しつけから逃れてやりたい事をやる〜というテーマで東京大学教授の安冨さんとライブをやろうと思います。19時10分からスタートします。また、音楽家の片岡さんも登場する予定。芸術、音楽っていいよね。心を自由にします。

やりたくない事をやってると人間はどうしても幸せになれません。やりたくない事をやって仮に出世が出来ても心は鉛色の空に包まれたままです。鉛色の空に包まれているのは自分が何が嫌だと感じているのかを分からなくなっているからです。嫌なものを必要だと思え、という圧力は大抵子どもの頃に親からかけられていて、子供はそれに耐えられず自分の感覚を壊されています。

そのまま大人になると、やりたくもない勉強をやりたいと信じ、やりたくもない仕事をやりたいと信じるようになります。そうすると二つのパターンが産まれます。やりたくもないけどやりきれる人は出世したり東大に合格したりします。しかし、それでも浪費を繰り返したりして何だか辛いままです。

次のパターンはやりたくない事だけどいやいややってるので成果が出ない人です。こういう人は学校や会社で落ちこぼれになりますが、学校や会社の問題にしてそれらを批判するようになります。学校けしからん!ブラック企業けしからん!と言うようになります。資本主義がおかしいという人もいます。

しかし、やりたくない事をやらされてしまった子どもの頃の記憶消えてしまっているのです。その問題の本質に向き合わずに学校や会社に反発しても、貧乏になるだけで問題は解決しません。やりたくない事をやって出世して金持ちになっても辛いし、やりたくない事をやりきれずに落ちこぼれてもやっぱり辛いのです。この連鎖から抜け出すための話をしようと思います。

偽りの人生を抜けて真実の人生を生きる方法〜他人からの押しつけから逃れてやりたい事をやる〜


19時10分スタート。興味がある人はこのURLを時間になったらクリックしてください。見れなかった人も後で録画で見れます。

安富歩さんは京都大学経済学部卒業後、株式会社住友銀行に勤務し、バブルを発生させる仕事に従事していました。しかし、そこで優秀なはずの人々が異常な活動に命がけで没頭する状況に耐えられず二年半で退社し、京都大学大学院経済学研究科修士課程に進学し、修士号取得後に京都大学人文科学研究所助手。その後、ロンドン大学の森嶋通夫教授の招きで、同大学の政治経済学校(LSE)のサントリー=トヨタ経済学・関係分野研究所(STICARD)の滞在研究員となる。1997年に博士号を取得し、学位論文『「満洲国」の金融』(創文社)で第四十回日本経済新聞経済図書文化賞を受賞。名古屋大学情報文化学部助教授、東京大学大学院総合文化研究科助教授、情報学環/学際情報学府助教授を経て、東京大学東洋文化研究所教授という経歴と肩書きを持たれています。

清水有高プロフィール

清水有高プロフィール


会ったことがない人の場合、スパム防止のためにFacebookの友達申請は記事にイイネ!&友達申請してくれた人に私が承認するようにしています〜^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清水 有高

清水 有高Yukou Shimizu

ビ・ハイア株式会社 代表取締役

一月万冊 清水有高(しみずゆうこう)滋賀県出身。元不登校児、母子家庭育ち。ビ・ハイア株式会社代表取締役。滋賀県立大学人間文化学部卒業。ベンチャー役員、上場企業役員などを経験しコーチ、投資家、経営者として活動中。東京大学を始め各種大学でも講演多数。コーチングと読書を経営に活かし営業利益1億円以上、自己資本比率70%の会社を経営。8年間でスタッフ1人あたりの営業利益を100倍以上にする。

新着記事

人気ランキング