トップページ  » 動画ブログ  » 清水有高以外が月1,000冊読めるようになったシリーズ!大下周平

2014.06.22 SUN - 動画ブログ

清水有高以外が月1,000冊読めるようになったシリーズ!大下周平

私の大学時代からの友人でもあり、私の経営する会社の最古参のビジネスパートナー&株主の大下周平さん。彼も多い月で1,000冊以上、少なくても200〜300冊以上の読書をしています。そんな彼がどういう風に速読多読に取り組み、成果を上げていったのかについて動画で語りました。正直、時間さえ掛ければ誰でも読書は出来るようになります。私の会社では新卒でも月最低100冊以上読んでいます。そんなに不思議な事じゃないんです。みんな月100冊なんて凄い!無理だ!という思い込みがあるだけです。その思い込みをドンドンぶっ壊して日本人全員が沢山読書できる世界にしたいですね^^

習慣化 清水有高以外が月千冊読めるようになったポイント1


読書してる自分を褒める! 清水有高以外が月千冊読めるようになったポイント2


薄い本から読む! 清水有高以外が月千冊読めるようになったポイント3


読書をして年収は上がったのか? 月千冊読めるようになった人に聞く!


経営者向け 部下に『だけ』読書させると離職率アップ!?ヤバい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清水 有高

清水 有高Yukou Shimizu

ビ・ハイア株式会社 代表取締役

一月万冊 清水有高(しみずゆうこう)滋賀県出身。元不登校児、母子家庭育ち。ビ・ハイア株式会社代表取締役。滋賀県立大学人間文化学部卒業。ベンチャー役員、上場企業役員などを経験しコーチ、投資家、経営者として活動中。東京大学を始め各種大学でも講演多数。コーチングと読書を経営に活かし営業利益1億円以上、自己資本比率70%の会社を経営。8年間でスタッフ1人あたりの営業利益を100倍以上にする。

新着記事

人気ランキング