トップページ  » 動画ブログ  » 成功する就活と読書 一番重要 10年後20年後の未来の自分を決めないと就活に成功は無い

2014.06.20 FRI - 動画ブログ

成功する就活と読書 一番重要 10年後20年後の未来の自分を決めないと就活に成功は無い

『就活で成功したい!』『自分にとってベストの会社に就職したい!』と思ってる人は沢山いるでしょう。しかし、日本に200万社法人があります。

もし、そこに3回面接に行ったらどうなるでしょうか?面接1回1時間移動時間1時間と考えると、1社あたり6時間かかります。そうすると200万社×6時間=1,200万時間。この時点で不可能だと言う事がわかります。1年間=365日=8,760時間なので1,200万時間と言えば就職活動だけで約1,370年かかります。しかも、これは24時間寝ずに1,370年間起き続けた場合です!(笑)要するに不可能です。全ての会社をみてベストを決める事は不可能なのです。仮にリクナビやマイナビに載ってる約1万社に面接に行こうと思っても6万時間。24時間寝ずに就職活動して約7年!これでも不可能ですね。

更に言えば、これは全ての会社が倒産せずに永遠に持続している場合の話です。日本の倒産率と創業率は毎年2〜5%ほどあります。就職活動している内に新しい会社が産まれ、古い会社が潰れていきます。つまり、全ての会社をきちんとみて、しっかり考えて、自分にとってベストマッチングの会社を選ぶ!というのは不可能なのです。

まず、その大前提を受け入れた上で、自分にとっての最高の会社、最高の就職先って何だろう?と言うことを考える必要があるのです。その考え方について動画で語りました^^

成功する就活と読書 一番重要 10年後20年後の未来の自分を決めないと就活に成功は無い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清水 有高

清水 有高Yukou Shimizu

ビ・ハイア株式会社 代表取締役

一月万冊 清水有高(しみずゆうこう)滋賀県出身。元不登校児、母子家庭育ち。ビ・ハイア株式会社代表取締役。滋賀県立大学人間文化学部卒業。ベンチャー役員、上場企業役員などを経験しコーチ、投資家、経営者として活動中。東京大学を始め各種大学でも講演多数。コーチングと読書を経営に活かし営業利益1億円以上、自己資本比率70%の会社を経営。8年間でスタッフ1人あたりの営業利益を100倍以上にする。

新着記事

人気ランキング