トップページ  » 動画ブログ  » 福島原発事故を7年間追い続けて見えてきた希望と絶望。世の中と自分を変えるアクションの起こし方というライブを20時30分くらいから開始します。

2018.08.24 FRI - 動画ブログ

福島原発事故を7年間追い続けて見えてきた希望と絶望。世の中と自分を変えるアクションの起こし方というライブを20時30分くらいから開始します。

.jpg
福島原発事故を7年間追い続けて見えてきた希望と絶望。世の中と自分を変えるアクションの起こし方というライブを20時30分くらいから開始します。烏賀陽さんは原発事故以来ほぼ毎月7年以上福島に通っています。自分の目で見て取材をして、写真を撮り、当事者に話を聞いて記事を書いています。私も地震以降、自分で毎年1〜2回は行くようにしていました。そうするとどんどん状況が変わっていくことが分かるのと、マスメディアが語ってる事がいかに嘘かという事が分かります。

福島原発事故の傷跡は拡大し、それが収拾していない。絶望がそこに広がってる。しかし、だからと言って「だからマスメディアはダメなんだ!」とか言っても世の中は1ミリも変わらないし、自分も老化するだけ。私も烏賀陽さんも絶望しか見えない中取材を続けてるわけでは無い。そこに希望はあるからだ。

烏賀陽さんの新作ノートを買ってライブを是非観て欲しい
https://note.mu/ugaya/n/na9a74bbadf57

買った人は今日のライブ中に質問をしてもいい。著者が直接答えます!その場合、性別、年齢、職業を書いて質問して下さい。

福島原発事故を7年間追い続けて見えてきた希望と絶望。世の中と自分を変えるアクションの起こし方


20時30分スタート。興味がある人はこのURLを時間になったらクリックしてください。見れなかった人も後で録画で見れます。写真は烏賀陽さんとうちのスタッフで福島をライブ配信したときのものです。今年の5月撮影。

フェイクニュースの見分け方 (新潮新書) 烏賀陽 弘道
http://amzn.asia/7PZfXL9

「Jポップ」は死んだ (扶桑社新書) 鳥賀陽 弘道
http://amzn.asia/dLD9QDS

烏賀陽さんのnote
https://note.mu/ugaya

烏賀陽弘道(うがやひろみち)京都府京都市出身。京都大学経済学部卒業後、17年の朝日新聞社勤務を経てフリーのジャーナリストとして活動中。自らもベーシストでありミュージシャン。音楽評論家。軍事学修士(コロンビア大学1994年)。日本外国特派員協会名誉会員。著書の福島第一原発メルトダウンまでの50年は独自の取材だけで丹念に情報を集め文章としてまとめた傑作。初心者向けの本としてはフェイクニュースの見分け方などがオススメ。知性とユーモアに溢れた顔出し実名出しの気骨のジャーナリスト(この紹介文は清水が書きました^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清水 有高

清水 有高Yukou Shimizu

ビ・ハイア株式会社 代表取締役

一月万冊 清水有高(しみずゆうこう)滋賀県出身。元不登校児、母子家庭育ち。ビ・ハイア株式会社代表取締役。滋賀県立大学人間文化学部卒業。ベンチャー役員、上場企業役員などを経験しコーチ、投資家、経営者として活動中。東京大学を始め各種大学でも講演多数。コーチングと読書を経営に活かし営業利益1億円以上、自己資本比率70%の会社を経営。8年間でスタッフ1人あたりの営業利益を100倍以上にする。

新着記事

人気ランキング