トップページ  » 動画ブログ  » ブラック企業問題 派遣社員VS正社員 労働者VS経営者 ぜーんぶ根本的問題から目をそらさせるためのお祭り騒ぎ

2014.06.16 MON - 動画ブログ

ブラック企業問題 派遣社員VS正社員 労働者VS経営者 ぜーんぶ根本的問題から目をそらさせるためのお祭り騒ぎ

昔、派遣社員VS正社員というくくりで社会問題化して様々な議論を尽くした時代がありました。高度経済成長期の終身雇用が崩れ始めた15〜20年ほど前から現れたこの問題は小泉政権の規制緩和で更に深刻化しました。『派遣社員VS正社員』というくくりで議論され尽くした結果どうなりましたか?結局どっちも給料がダウンしました。派遣だろうが、正社員だろうが等しく日本人の給料は下がりました。つまり、この議論は根本的な問題を解決しないのです。

次に現れたのは『ブラック企業』です。派遣社員VS正社員の次は『経営者VS労働者』です。この問題もおそらく多くのメディアで問題視され、議論が尽くされるでしょう。しかし、この議論も根本的な解決に繋がりません。

派遣社員VS正社員 労働者VS経営者

こういうわかりやすい問題は『根本的な問題』から目を避けさせるためのやらせの様なものです。派遣社員も正社員も労働者も経営者、議論しまくり、口角泡を飛ばしながら議論をしている内に本当の問題は着々と進んでいきます。そして、気がついたら全員が等しく貧しくなるでしょう。じゃあ、本当の問題って何だろう?と言うことを動画で話をしています。

正社員VS派遣の次は経営者VS労働者 結局どちらも敗北者になる


ブラック企業経営者の本音 感想 全日本人ブラック化計画?


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清水 有高

清水 有高Yukou Shimizu

ビ・ハイア株式会社 代表取締役

一月万冊 清水有高(しみずゆうこう)滋賀県出身。元不登校児、母子家庭育ち。ビ・ハイア株式会社代表取締役。滋賀県立大学人間文化学部卒業。ベンチャー役員、上場企業役員などを経験しコーチ、投資家、経営者として活動中。東京大学を始め各種大学でも講演多数。コーチングと読書を経営に活かし営業利益1億円以上、自己資本比率70%の会社を経営。8年間でスタッフ1人あたりの営業利益を100倍以上にする。

新着記事

人気ランキング