トップページ  » 動画ブログ  » 放射能よりテレビでガンになる?? テレビに破壊される脳 感想

2014.06.06 FRI - 動画ブログ

放射能よりテレビでガンになる?? テレビに破壊される脳 感想



放射能よりテレビでガンになる??と言うことについて語っています。プラシーボ効果というのを知っていますか?

以下、ウィキペディアより

偽薬効果(ぎやくこうか)、プラセボ効果(プラシーボ効果)とは、偽薬を処方しても、薬だと信じ込む事によって何らかの改善がみられる事を言う。この改善は自覚症状に留まらず、客観的に測定可能な状態の改善として現われる事もある。原病やその症状自体の改善というよりは、「薬を飲んでいる」事による精神的な安心感の方が目的となる事もあり、このような単なる安楽は通常偽薬効果には含まれないが、その区別が難しい事もある。

とのこと。要するに思い込みで健康になる、と言うことです。思い込みで健康になると言うことは、思い込みで不健康にもなる、と言うことです。その不健康になる思い込みをテレビは大量に作り出していますよ、と言うことについて動画では話しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清水 有高

清水 有高Yukou Shimizu

ビ・ハイア株式会社 代表取締役

一月万冊 清水有高(しみずゆうこう)滋賀県出身。元不登校児、母子家庭育ち。ビ・ハイア株式会社代表取締役。滋賀県立大学人間文化学部卒業。ベンチャー役員、上場企業役員などを経験しコーチ、投資家、経営者として活動中。東京大学を始め各種大学でも講演多数。コーチングと読書を経営に活かし営業利益1億円以上、自己資本比率70%の会社を経営。8年間でスタッフ1人あたりの営業利益を100倍以上にする。

新着記事

人気ランキング