トップページ  » 動画ブログ  » 朝の読書から 雇用環境の変化について考える

2014.06.04 WED - 動画ブログ

朝の読書から 雇用環境の変化について考える



朝の読書から。ちょっと格好がラフですが、まあ気にせず(笑)最近の雇用環境の変化について語っています。日本人の殆どは労働者です。6,000万人以上が労働者で、20才〜65才の人口の大多数が労働者です。しかし、大多数が労働者の割に、労働者を囲む環境について労働者自身が本を読むことはあまりありません。せっかくなので自分を取り巻く環境について読んでみるのはどうでしょうか?どうかについては労働環境の変化について、今日の日経新聞一面の記事も取り入れて話をしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清水 有高

清水 有高Yukou Shimizu

ビ・ハイア株式会社 代表取締役

一月万冊 清水有高(しみずゆうこう)滋賀県出身。元不登校児、母子家庭育ち。ビ・ハイア株式会社代表取締役。滋賀県立大学人間文化学部卒業。ベンチャー役員、上場企業役員などを経験しコーチ、投資家、経営者として活動中。東京大学を始め各種大学でも講演多数。コーチングと読書を経営に活かし営業利益1億円以上、自己資本比率70%の会社を経営。8年間でスタッフ1人あたりの営業利益を100倍以上にする。

新着記事

人気ランキング