トップページ  » 動画ブログ  » 月数千冊読む速読多読マインドの作り方1〜3 やりたい事かどうか?

2014.06.03 TUE - 動画ブログ

月数千冊読む速読多読マインドの作り方1〜3 やりたい事かどうか?



読書をするエネルギーの出し方について語りました。

・速読多読に必要なのはスキルではなくマインドだ!
・スキルがあってもエネルギーがないと本は読めない

という話をしています。よく、本の読み方、速読のテクニック、について聞かれますが、重要なのはスキルやテクニックよりもマインドであるということについて話してます。下記も合わせてご覧下さい。

月数千冊読む速読多読マインドの作り方2 人生の意味を見つめ直す


月数千冊読む速読多読マインドの作り方3 読書の目標は高いか?


読書をするのに必要なのはテクニックやスキルではなく、読書をしたいゾ!!と思うマインド。自然と読書をついついしてしまうマインドが読書を沢山するエネルギーを産みます。

みんな読書をする時間自体はタップリ持っているんです。平均的な日本人は1日4時間以上テレビを観ています。私は一切テレビを観ません。時間はいくらでも作れます。要はいかに『読書したいな〜』と自然と思うようになるか?そういうマインドはどうやれば作れるのか?それについて語っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清水 有高

清水 有高Yukou Shimizu

ビ・ハイア株式会社 代表取締役

一月万冊 清水有高(しみずゆうこう)滋賀県出身。元不登校児、母子家庭育ち。ビ・ハイア株式会社代表取締役。滋賀県立大学人間文化学部卒業。ベンチャー役員、上場企業役員などを経験しコーチ、投資家、経営者として活動中。東京大学を始め各種大学でも講演多数。コーチングと読書を経営に活かし営業利益1億円以上、自己資本比率70%の会社を経営。8年間でスタッフ1人あたりの営業利益を100倍以上にする。

新着記事

人気ランキング