トップページ  » 動画ブログ  » 呪縛は貧困から来る 脳の呪縛を解く方法 苫米地英人著 感想

2014.05.22 THU - 動画ブログ

呪縛は貧困から来る 脳の呪縛を解く方法 苫米地英人著 感想

生きづらさはどこから来るのか?自殺率、過労死が右肩上がりのこの日本社会。この生きづらさは貧困に原因がある。しかも、貧困は巧妙な搾取によって産まれている。特に、20〜30代の若者が搾取されている。しかし、当事者である20〜30代の人達は『貧困の中に生きてる』『搾取されている』という意識はない。

なんとなくの生きづらさの中で日々を過ごしている。それは搾取してる側の思想戦の大成功なのだ。意識せず、無意識に搾取されている。そんな社会に生きていたら生きづらくて当たり前だ。そんな社会でどういう風に生きていくのか?それについてこの本はうまく紹介されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清水 有高

清水 有高Yukou Shimizu

ビ・ハイア株式会社 代表取締役

一月万冊 清水有高(しみずゆうこう)滋賀県出身。元不登校児、母子家庭育ち。ビ・ハイア株式会社代表取締役。滋賀県立大学人間文化学部卒業。ベンチャー役員、上場企業役員などを経験しコーチ、投資家、経営者として活動中。東京大学を始め各種大学でも講演多数。コーチングと読書を経営に活かし営業利益1億円以上、自己資本比率70%の会社を経営。8年間でスタッフ1人あたりの営業利益を100倍以上にする。

新着記事

人気ランキング