トップページ  » ファイナンスコーチング  » お金が稼げるようになる読書。ビジネス書を読んでもお金が稼げない人は資本主義の表面しか見ていない?

2018.09.20 THU - ファイナンスコーチング

お金が稼げるようになる読書。ビジネス書を読んでもお金が稼げない人は資本主義の表面しか見ていない?

DSC08309.JPG
ビジネス書を読んでもお金が稼げない人は資本主義の表面しか見ていない。人間は大自然を前に一人では生きていけない。支え合うしかないのでそれぞれの得意分野を活かして生き残ってきたんです。だから支え合うのは基本です。人間の感情もこれに適応していて人に嫌われたら怖いとかも、支え合う共同体からはじき出されたらかなりのリスクだからそういう風に感じるのです。

でも、産業革命が起きて、資本主義が発達してからはこの支え合いが人間の感情やべったりした人間関係を媒介にしなくても

『お金払ったら何とかなる』

に変わりました。だから村社会的な人間関係は希薄になりましたし、仕事の現場でもギルド、職人的な繋がりは薄くなりました。それはプラスもマイナスもありました。村八分になってもアマゾンとコンビニあったら生きていけますからね(笑)

通貨が発達すればするほど人は支え合いという意識を持たなくても大丈夫になります。昔なら家出するとか、村八分でも生きていくとかはかなりの勇気を必要としましたが、今なら貯金があればOKです。精神的には辛いかもしれませんが、生死に関わるとか、明日から燃料の薪を運んでもらえないとか、そういう事にはなりません。

資本主義がここまで発達する前は、大自然を前に人は支え合って生きていて、何かしてもらったら自分も何かを返していたのです。それは通貨だった場合もありますが、多くの場合、感謝したり、労働を返したり(屋根を修理して上げるとか、ものを運ぶとか)、物々交換だったりしたのです。

人に何かしたら昔はわかりやすかったのです。感謝を返す、労働を返す、ものを返す、それが全て通貨に変わりました。資本主義でお金持ちになりたかったらこの昔だったら感謝、労働、物々交換を返してもらえるような行動を沢山やる必要があります。今はそれをすればするほどお金に変わります。

お金持ちになりたかったらめっちゃ人に喜ばれたり、感謝されたらいいのです。そういう仕事を一生懸命すればいい。どんな仕事でも工夫すれば感謝されたり、喜ばれるようになります。

しかし、資本主義が発達したせいでこの支え合いの際に感謝されたり喜ばれたりというのが見えにくくなりました。コンビニの店員さんに今日も商品を用意してくれていてありがとう!大変だよね!と御礼をいちいち言わなくても財布からお金を取り出しておけばOKです。

そういう資本主義が発達した世界に囲まれているとどんどん

他人から感謝もされないし喜ばれもしない代わりに
自分も感謝もしないし喜んでもらおうとしない

事に慣れてしまうのです。こうなると悲劇です。そういう人は資本主義の中でお金儲けが出来ません。

ちょっと読書をかじると理屈だけ分かったような気になってやたら分析とかする人がいますが、そういう人ほど意外と稼げていません。感謝されたりしたり、喜ばれたり喜んだり、という感情の感覚が希薄になると理屈だけ先行して結局人の心を動かさないのです。

そういう人ほど

何故人は理論通り動かないのか

と腹を立てたりします。そら、お前が人間というのを誤解しとるんじゃ(笑)という事です。読書家は本を読めば読むほど、

他人から感謝もされないし喜ばれもしない代わりに
自分も感謝もしないし喜んでもらおうとしない

という事に慣れていることに気付かない罠にはまる場合があります。あなたがビジネス書を読んで成功していきたいなら資本主義で付加価値を産んで大量の通貨と交換する、、、ようするにお金持ちになりたいなら人の感情や感謝をめっちゃもらえる人になる、という事をが大切だ、という事を覚えておきましょう。

きょーも読書!

書いてたらお腹空いたよー!!このまえ食った天丼美味しかったから写真見てたら余計に腹減った。こんな美味いものを1,000円札渡すだけで食える世の中。これはプラスもマイナスもありますね!

追伸

お金がお金を産む投機、投資の世界ですら人間の気持ちが分かってないと勝てません。数式だけプログラミングだけ、AI任せではお金でお金を産むことすら出来ないのです。ま、そもそもそんな立場に立てる人って数十億単位の資産運用出来る人なので、そこまで行った人ならこんな文章読まなくてもいいかもね(笑)

清水有高プロフィール

清水有高プロフィール


会ったことがない人の場合、スパム防止のためにFacebookの友達申請は記事にイイネ!&友達申請してくれた人に私が承認するようにしています〜^^

DSC08306.JPG

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清水 有高

清水 有高Yukou Shimizu

ビ・ハイア株式会社 代表取締役

一月万冊 清水有高(しみずゆうこう)滋賀県出身。元不登校児、母子家庭育ち。ビ・ハイア株式会社代表取締役。滋賀県立大学人間文化学部卒業。ベンチャー役員、上場企業役員などを経験しコーチ、投資家、経営者として活動中。東京大学を始め各種大学でも講演多数。コーチングと読書を経営に活かし営業利益1億円以上、自己資本比率70%の会社を経営。8年間でスタッフ1人あたりの営業利益を100倍以上にする。

新着記事

人気ランキング