トップページ  » 日記  » 助けてくださいと言えたときに人は自立している。自立とは誰にも頼らず一人で生きる事ではない。という話を昨日のライブで東京大学教授安冨歩さんの生きる技法を紹介しつつ話したのですが、かなり反響がありました。

2017.12.05 TUE - 日記

助けてくださいと言えたときに人は自立している。自立とは誰にも頼らず一人で生きる事ではない。という話を昨日のライブで東京大学教授安冨歩さんの生きる技法を紹介しつつ話したのですが、かなり反響がありました。

助けてくださいと言えたときに人は自立している。自立とは誰にも頼らず一人で生きる事ではない。という話を昨日のライブで東京大学教授安冨歩さんの生きる技法を紹介しつつ話したのですが、かなり反響がありました。目から鱗、そんな考え方があるなんて思ってもいなかった・・・などなど。しかし、冷静に考えてそもそも誰にも頼らず一人で生きるなんて不可能でしょう?また、誰にも頼らず一人で生きる強さとやらを求めて、その強さは手に入ったのですか?入ってないでしょう?仮に入ったとして幸せだと思いますか?

誰にも頼らず一人で生きる強さを求める人はしんどくても助けてくれと言えません。言えないので自分で抱え込んで爆発します。こういう人達は『私は助けてくれという友達がいなくて孤独なのだ』という嘘を付きます。そんな人達にじゃあ、何回助けてくれ、助けてくれと言ったの?10回?100回?1,000回?と聞くと驚くべき事に言葉にしていったことはゼロ回という人もいるのです。

更に悲しいことに、誰にも頼らず一人で生きる強さを求める人に取って、自分が誰かに助けてもらう事は恥ずかしいことです。だから助けてもらったとしても感謝よりも恥ずかしさが生まれてしまいます。そうすると助けてくれた人は無意識の内に恥ずかしいところを見られた相手になるので、助けてくれてありがとう、と言う感謝の言葉を素直に言うこともできなくなります。

つまり、下記のような最悪なスパイラルが働いているのです。

自分一人で生きようとする→しんどくなってくるけど助けを求められない→その内爆発する→その時に誰かに助けてもらうけど感謝できず恥ずかしさしか残らない

このようなスパイラルは自分も救わないし、助けてくれた誰かも幸せにしません。必要なのは下記のようなスパイラルです。

生きて行くとは誰かに助けてもらう事だとわかっている→ちょっと辛いときにちょっと助けて、と言える→誰かが助けてくれる→素直にありがとう!とお礼するし感謝する

これが渦巻いてる社会の方が健全でしょう。しかし、多くの人は今日も仕事を一人でやりきろうとするし、勉強を一人でやりきろうとするでしょう。誰にも頼らず生きて行く強さを求めて今日も孤独を嘆くのです。可哀想やなあ!

昨日のライブに興味がある人は下記を見てください。

カンパ寄付募集!12月16日の東京大学での講義が集まりすぎて経費が当初の5倍以上かかってます。手間はそれ以上です。無論清水さんのギャラはゼロです。それでもやりたかったんだから仕方ない!

カンパ寄付募集!12月16日の東京大学での講義が集まりすぎて経費が当初の5倍以上かかってます。手間はそれ以上です。無論清水さんのギャラはゼロです。それでもやりたかったんだから仕方ない!



お陰様でカンパ集まりつつあります。嬉しいっす!!

清水さんは昔から色んな人に頼ってきました。仕事でもそうです。アレやって欲しい、これやって欲しい、と依頼しまくりです。一人で抱え込んで辛くなったらすぐに人に依頼するかその仕事自体を辞めます。

みんなそんな話を聞くといいな〜〜って思うかもしれませんが、一つデメリットがあります。それは何かというと

頼ろうとすると拒絶や裏切りを経験する

と言うものです。これは当然ですよね。一人でやっている時は誰かと一緒に助け合わないので拒絶や裏切りを感じる事はありません。しかし、チームでやろうとすると助けて〜と言っても嫌だ!と拒絶されたり、やるよ〜と言ってもやらない、という裏切りに合います。おそらく多くの人はこれが嫌で頼ろうとしないのでしょう。

でもね、数回拒絶されたくらい、裏切られたくらいで一人で抱え込んでしまうのはあまりにももったいない。私は一人でやれることの限界を知っていますからいくらでも人に頼ろうとしますよ。裏切られても拒絶されても仕方ない。そういう人は一定層いるのだからそういうもんだと理解するしか無い。

恋人を作ろうとしたら告白する必要があり、フラれる場合もあるよね

ってだけの話です。今日も良い天気。今日も読書だ!

DSC08713
写真は仲良く助け合う烏賀陽さんと私。この前の東京堂書店のセミナーの一幕です。仲良しだな、二人とも(笑)烏賀陽さんはいい本を書いて、私は烏賀陽さんの本を広める。助け合う。これ素晴らしい。12月16日の東京大学講義も私が人を集めて運営し、いい本を書く安冨さんの良さを引き出してみんなに伝える。私だけでも、烏賀陽さんだけでも、安冨さんだけでもできない。そして来てくれるみんなもいるから成り立つんです。一人で抱え込んでるより余程素敵だと思いませんか?

下記の本はオススメです

フェイクニュースの見分け方 (新潮新書)
烏賀陽 弘道
固定リンク: http://amzn.asia/5jCc8rJ

生きる技法
安冨 歩
固定リンク: http://amzn.asia/eLTAbym

追伸

最近Facebook友達申請が多いのですがスパムと分けるためにも、基本的に友達申請は私の記事にいいね!してくれた人に私から申請するようにしています。

YouTube https://www.youtube.com/c/yukoreadman/
Twitter https://twitter.com/monthlymansatsu
LINE https://line.me/R/ti/p/%40uzz0811w

私に質問がある人は氏名、年齢、住所(何県のみでOK)、職業、質問内容を具体的に書いてFacebookMessenger、一月万冊公式LINE@、thanks@raku-job.jp宛てにメッセージください。質問が具体的な人でルールに則っている人の質問を取り上げます。そうじゃないと、匿名でざっくりした質問が多すぎて答えようがない(笑)

いつも清水さんありがとう!と応援したい人は

三菱東京UFJ銀行
永福町支店
普通口座 4569556
シミズユウコウ

にカンパしてください。1万円以下でも大喜び!!!清水さんの一月万冊運営費用に使わせて頂きます。運営費用と言っても読書代に消えます(笑)それが主な運営費用で年間1,000万以上かかります。それと!カンパしてくれた人は是非私にメッセージかメールをください!お礼をちゃんと伝えたいです!読書家が成功する世の中にしたい!というわけで今日も読書!

今日も読書!

一月万冊 清水有高(しみずゆうこう)滋賀県出身。元不登校児、母子家庭育ち。ビ・ハイア株式会社代表取締役。滋賀県立大学人間文化学部卒業。ベンチャー役員、上場企業役員などを経験しコーチ、投資家、経営者として活動中。東京大学を始め各種大学で講演多数。コーチングと読書を経営に活かし営業利益1億円以上、自己資本比率70%の会社を経営。8年間でスタッフ1人あたりの営業利益を100倍以上にする。コーチングと読書を通じて色々な可能性をみんなに伝えていきたくてこのチャンネルを運営中。月1,500冊以上の読書をして、それとは別腹で漫画も毎月数百冊読む。趣味はパイプ、葉巻、ドライブ、喫茶店&本屋巡り。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清水 有高

清水 有高Yukou Shimizu

ビ・ハイア株式会社 代表取締役

一月万冊 清水有高(しみずゆうこう)滋賀県出身。元不登校児、母子家庭育ち。ビ・ハイア株式会社代表取締役。滋賀県立大学人間文化学部卒業。ベンチャー役員、上場企業役員などを経験しコーチ、投資家、経営者として活動中。東京大学を始め各種大学でも講演多数。コーチングと読書を経営に活かし営業利益1億円以上、自己資本比率70%の会社を経営。8年間でスタッフ1人あたりの営業利益を100倍以上にする。

新着記事

人気ランキング