トップページ  » 日記  » 冷静に一次情報を見ることが成長と改善の第一歩 経営も原発も同じ

2017.10.19 THU - 日記

冷静に一次情報を見ることが成長と改善の第一歩 経営も原発も同じ

あー福島原発付近にまたいきたい。年に1〜2回は必ず現地に行って自分の目で確認し、自分の目でガイガーカウンターを使って計測してる。今回はライブ配信をする準備も万端。機器も整えた。まだ、ドローンは用意できてないけど、セミナー開く前に自分で行ってこようかな。毎年行くようにしているとどこにゴミが溜まって、どこに入れるようになり、入れなくなるか凄くよく分かる。それにしてもいつも思うけど原発付近を交通止めしてる警察官や民間の警備の人達?って放射線どうしてるんだ?ガイガーカウンターで計ると毎回注意〜警告値が出てるところにマスクもしないで立ってる。大丈夫なのか?いや、大丈夫なわけがない。わけがないのだが仕事で立ってるのだろう。

IMG_5835
情報収集の基本は現場に足を運ぶこと。そしてそれが無理なら足を運んでもらって確認する事。最近応援してる烏賀陽弘道さんというジャーナリストは自分自身の取材に極力バイアスをかけないように事実のみを拾うよう専念されてる。それが素晴らしい。そしてなかなかできない。原発付近を見たとしても反原発の人なら反原発主張しやすいネタばかり拾いたがるし、原発推進の人なら原発の惨状に目をつむる。しかし重要なのは事実を見る事なのだ。これがなかなか出来ない。

DSC04555
ダイエットしてるはずなのにカロリー計算しなかったり、体重計に毎日乗らないようなもんです(笑)ストーカーが嫌われてるのにストーカーになってしまうのも自分が嫌われてる現実をみないバイアスをかけてるから。経営者がこのままではヤバいはずなのに資金繰りをチェックしなかったり、明らかに浪費してるサラリーマンがクレジットカードの請求書を見ずに捨てるようなものです。

IMG_1475
殆どの問題というのは現状を冷静に見つめるだけで結構解決する。だけどそれをしない。しないからこそ悪化して手遅れに・・・何てことになる。冷静に見るだけ、これがなかなか出来ない。出来ないからこそ見るべきだ。誰も見たがらないからこそ自分の目で確認したい。それがノットノーマルだと思う。

DSC04555
ちなみにオススメの本は烏賀陽弘道さんのフェイクニュースの見分け方と福島第一原発メルトダウンまでの50年です。福島第一原発メルトダウンまでの50年の続刊は編集者が見つからないのと資金の問題で出せてないとのこと。これは何とかしたいね!

フェイクニュースの見分け方 (新潮新書)
烏賀陽 弘道
http://amzn.asia/0l3LSxn

福島第一原発 メルトダウンまでの50年――事故調査委員会も報道も素通りした未解明問題
烏賀陽弘道
http://amzn.asia/5ckP8nh

追伸

最近Facebook友達申請が多いのですがスパムと分けるためにも、基本的に友達申請は私の記事にいいね!してくれた人に私から申請するようにしています。

YouTube https://www.youtube.com/c/yukoreadman/
Twitter https://twitter.com/monthlymansatsu
LINE https://line.me/R/ti/p/%40uzz0811w

今日も読書!

一月万冊 清水有高(しみずゆうこう)滋賀県出身。ビ・ハイア株式会社代表取締役。滋賀県立大学人間文化学部卒業。ベンチャー役員、上場企業役員などを経験しコーチ、投資家、経営者として活動中。コーチングと読書を経営に活かし営業利益1億円以上、自己資本比率70%の会社を経営。8年間でスタッフ1人あたりの営業利益を100倍以上にする。コーチングと読書を通じて色々な可能性をみんなに伝えていきたくてこのチャンネルを運営中。月1,500冊以上の読書をして、それとは別腹で漫画も毎月数百冊読む。趣味はパイプ、葉巻、ドライブ、喫茶店&本屋巡り。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清水 有高

清水 有高Yukou Shimizu

ビ・ハイア株式会社 代表取締役

一月万冊 清水有高(しみずゆうこう)滋賀県出身。元不登校児、母子家庭育ち。ビ・ハイア株式会社代表取締役。滋賀県立大学人間文化学部卒業。ベンチャー役員、上場企業役員などを経験しコーチ、投資家、経営者として活動中。東京大学を始め各種大学でも講演多数。コーチングと読書を経営に活かし営業利益1億円以上、自己資本比率70%の会社を経営。8年間でスタッフ1人あたりの営業利益を100倍以上にする。

新着記事

人気ランキング