トップページ  » 日記  » 人を動かすのは常に物語だ

2017.09.27 WED - 日記

人を動かすのは常に物語だ

DSC08122
人を動かすのは物語だなとつくづく思った。わかる人にはわかる、ラブライブサンシャインという作品の舞台となった沼津に行ってきた。写真はそのキャラクターの内の一人である渡辺曜ちゃんというキャラの家のモデルとなった喫茶店。私はラブライブ大好き!と言うわけではないのだけどスタッフの一人が詳しかったので案内してもらった。考えてみれば聖書だってイエス・キリストの物語だし仏教だって仏陀の物語と言える。その物語に人は突き動かされて戦争だってすれば心が豊かになったりする。人間を動かすのは物理的な欲望よりも情報的な物語なのだなと実感した。実際沼津はそこかしこにラブライブサンシャインの情報に満ちあふれていた。こういうのも実際行ってみないと実感は湧かないものだね。

DSC08107
お台場にはガンダムが立ってるし、大洗にはガルパンがいるし、岐阜や新宿には君の名は。があるし他にも色んな所に色んな作品がある。これが喧嘩せず戦争せず共存してるのは幸せなことだなと思う。おそらく歴史の中に埋もれて消えていった色んな物語がキリストや仏陀以外にも沢山いたのだろう。願わくば1つも喧嘩せず戦争せず全ての物語が共存するような世界になってほしいものです。そんなことを思った沼津でした。

DSC08111
DSC08112

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清水 有高

清水 有高Yukou Shimizu

ビ・ハイア株式会社 代表取締役

一月万冊 清水有高(しみずゆうこう)滋賀県出身。元不登校児、母子家庭育ち。ビ・ハイア株式会社代表取締役。滋賀県立大学人間文化学部卒業。ベンチャー役員、上場企業役員などを経験しコーチ、投資家、経営者として活動中。東京大学を始め各種大学でも講演多数。コーチングと読書を経営に活かし営業利益1億円以上、自己資本比率70%の会社を経営。8年間でスタッフ1人あたりの営業利益を100倍以上にする。

新着記事

人気ランキング