トップページ  » 日記  » 清水有高うつ病レポート漫画「うつしみTMS編」一ページ目だけ先行公開

2019.10.13 SUN - 日記

清水有高うつ病レポート漫画「うつしみTMS編」一ページ目だけ先行公開

うつレポート漫画「うつしみTMS編」の最初のページだけ公開。このTMSは清水さんが受けたうつ病治療の最先端の1つです。

高い、よく分からない、見た目が凄い(というか結構コワイ)、病院によって値段が違いすぎる等々、新しい治療法なので情報も少なかった。うつ病でフラフラになっている中治療法を色々検討していた中で候補の1つがこのTMSでした。

このTMSに関しては色んなエピソード満載で漫画としてはネタに困りません(笑)ていうかネタにしないと恐ろしくて怖いことばかりでした。辛すぎて笑うしかない。平田さんの手が空き次第続きが公開される予定です。

TMSとはこういう物です。頭に磁気を当てて治療する方法です。


画像はクローズアップ現代のNHKのページから引用しました。
https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4309/

私はうつ病だと認めるのに半年以上かかりましたが、うつ病だとわかってからはうつ病の本を300冊近く読んで情報収集し、徹底的に治療に当たりました。

現状の認識、そして情報の分析、いくつかの計画を立てて実行、検証、治療も結局ビジネスと同じようなところがありますね。一番しんどかったのはうつ病でもそれをやらないとダメという事。

それをやらないとうつ病治療ビジネスの闇にカモにされる。

いや

まじで

うつ病でフラフラになって頭が動かなくなってる人達を狙ってる人達って沢山いるんです!

怖いわ〜資本主義。

なんの知識も無くフラフラとうつ病で弱った頭で近所の精神科とか心療内科とか行くと結構ヤバいですよ。

死にたいほど辛くても結局自衛は自分でやらないとダメってほんと大変。うつ病については同じような苦しみを味わってる人達が少しでも救われたらと思って情報を徐々にシェアしていきたいと思います。

ただ、あくまで私の個人的なエピソードであって「これやったら絶対治る!」というものではありませんからね。そこだけはご注意くださいませ。

参考

なんでも最近クローズアップ現代でこのTMSが取り上げられたそうです。

クローズアップ現代「社会復帰に新展開! 最新のうつ病治療」
https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4309/

なお、この漫画中の清水さんは不眠に悩まされ、48時間眠くならず、寝ても1時間で起きて、更に起きてる最中は「死にたい」しか考えられないという地獄を味わった頃です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清水 有高

清水 有高Yukou Shimizu

ビ・ハイア株式会社 代表取締役

一月万冊 清水有高(しみずゆうこう)滋賀県出身。元不登校児、母子家庭育ち。ビ・ハイア株式会社代表取締役。滋賀県立大学人間文化学部卒業。ベンチャー役員、上場企業役員などを経験しコーチ、投資家、経営者として活動中。東京大学を始め各種大学でも講演多数。コーチングと読書を経営に活かし営業利益1億円以上、自己資本比率70%の会社を経営。8年間でスタッフ1人あたりの営業利益を100倍以上にする。

新着記事

人気ランキング