トップページ  » 日記  » 日本のGDPの世界シェアは1970年と同じ水準に戻った!

2019.10.12 SAT - 日記

日本のGDPの世界シェアは1970年と同じ水準に戻った!

日本のGDPの世界シェアは1970年と同じ水準に戻った!うつ病が良くなってくるとだんだん自分の外の世界に興味を持つようになります。そこで私が何となく思ったのが

「日本のGDPの世界シェアってどうなってんだろう?」

という事でした。何でそんなこと興味持ったのかは謎です(笑)でもなんかそう思ったんですよね。

調べてみたら1995年が最高の数字を出していて17.6%も世界シェアがあったそうな。2017年時点で6.1%。この2017年の水準って1970年の6.3%より低い。

凄くないですか?

高度経済成長期を経て、めちゃくちゃ頑張って伸びたGDPはすっかり元通りにもどってしまった。日本がGDP横ばいの内に世界では色んな国が伸びて行った。日本は横ばいだから下がってないと思っているかもしれませんが、他が伸びてるのでどんどん世界経済の中ではシェアを失ってるわけです。

普通の企業ならある業界内でシェアが17.6%もあったのが6.1%も下がったら大変な事態ですよ。赤字にもなりやすいし、人員削減、経費削減の嵐でしょう。実際社会保障も減ってるし、消費税は増税されるし、これだけシェアが下がったらこりゃどうしようもない。

確かにGDPだけでは比較できない「豊かさ」というのもあると思いますが、流石にここまで下がったらかなりキツい。

そんなことにしたのは誰だ!!という犯人捜しが起こるのもこういう衰退していく組織なら良くあることですよね。

社長が悪い、政治家が悪い、いや労働者が悪い、老人が悪い、いやいや若者が悪い、男が悪い、いや女が悪いとかなんとか。でも多分、私も含めた全員悪いんですよ。投票率も低いし。誰か一部の人のせいでこうなった、私達は被害者、というのは気持ちいいけど人生好転しない。(勿論、冷静な視点で自分を守る為に自分の害になる存在を見つけ、それを避けていくことは必要だと思いますよ。自分が何もせずに誰かの責任にしても意味がないという事です)

日本全体は半端ないスピードで衰退している。衰退してる中でなんとか自分の食い扶持守ろうとしたら今まで以上に必死に働くしかないけど、残念ながら1970年の時よりも人口構成として老人方が多くてそんなに必死に働けない(笑)

その上安全保障や外交戦略もアメリカバンザーイって言っていれば良かったときよりも複雑になっている。一人一人の生産性を高めたらいい!とか言っても大学のランキングは下がり続け、AIとかの研究費では各国にボロ負け。

いやいやどーすんだこれ?

結局誰かが悪い!とか言ってる場合じゃない。今の日本は火事が起きていて今すぐ消火ししなければならない。火事のまっただ中にいるのに

「この火事が起きた原因はなにか?」「誰かが火を付けたのが悪い。私は悪くない」「燃えやすい家を作った建築会社が悪い」「消防署がすぐ来る仕組みを作ってない政府が悪い」

と言ってもまずは今すぐ消火しろ!という状態なんだと思います。

私達は衰退している国の中に住んでいるので、いち早くまず自分の安全を確保する必要があるんだねって思いましたわ。
でも、今が衰退してる、という現状を認識すれば問題もわかるし色んな手が打てますよね。

清水さんも「自分がうつ病である」という事を認めるのに半年以上かかり、どんどん悪化しましたからね。

この時代に対する答えはまだまだうつ病明けで考えてる最中です。

やっぱ、映画天気の子ばりに「世界はどうかなるかわからないけど誰かが側にいれば僕達は大丈夫!」というのが正解なのかしら?せめて小さな安全圏を作る事が大事なのかもしれない。

うつ病良くなってきたときに気づいた事を文章にして文章書くリハビリとしてこれ書きました。

参考データ
https://www.huffingtonpost.jp/nissei-kisokenkyujyo/gdp-graph_a_23457728/

https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/special/future/sentaku/s3_2_15.html

追伸

天気の子は5回観ました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清水 有高

清水 有高Yukou Shimizu

ビ・ハイア株式会社 代表取締役

一月万冊 清水有高(しみずゆうこう)滋賀県出身。元不登校児、母子家庭育ち。ビ・ハイア株式会社代表取締役。滋賀県立大学人間文化学部卒業。ベンチャー役員、上場企業役員などを経験しコーチ、投資家、経営者として活動中。東京大学を始め各種大学でも講演多数。コーチングと読書を経営に活かし営業利益1億円以上、自己資本比率70%の会社を経営。8年間でスタッフ1人あたりの営業利益を100倍以上にする。

新着記事

人気ランキング