トップページ  » 日記  » 東京駅で写真撮ってたら子供と同じような目線になっていた(笑)東京駅写真日記。

2018.10.13 SAT - 日記

東京駅で写真撮ってたら子供と同じような目線になっていた(笑)東京駅写真日記。


東京駅で写真撮ってました。子供の視点と心を忘れない、みたいな写真が出来上がった(笑)東京駅の丸の内口の天井がすごく素敵なので写真撮ってたら、子供も一緒に指差して見上げてた。


写真はいいよなー撮ってる最中は心が安らぎます。とても楽しい。皆さんも何か見上げてみよう。大人になってから意外と見上げるって行為してないからね。


残念ながら外を取ると曇天とビル街という陰鬱な写真が(笑)


最近世の中の現実はこんなのだ!みたいな記事多かったので今日は気楽に写真撮ってます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清水 有高

清水 有高Yukou Shimizu

ビ・ハイア株式会社 代表取締役

一月万冊 清水有高(しみずゆうこう)滋賀県出身。元不登校児、母子家庭育ち。ビ・ハイア株式会社代表取締役。滋賀県立大学人間文化学部卒業。ベンチャー役員、上場企業役員などを経験しコーチ、投資家、経営者として活動中。東京大学を始め各種大学でも講演多数。コーチングと読書を経営に活かし営業利益1億円以上、自己資本比率70%の会社を経営。8年間でスタッフ1人あたりの営業利益を100倍以上にする。

新着記事

人気ランキング