トップページ  » 日記  » 明るい未来を見よう!過去なんて関係ないさ!が問題の本質を隠蔽するための詭弁になってはいけない

2018.09.27 THU - 日記

明るい未来を見よう!過去なんて関係ないさ!が問題の本質を隠蔽するための詭弁になってはいけない

失敗を許さないのはいつか破綻する。私はいろんなことを学んで実践してきたけど、それでも今こんなにも苦しくて辛い。でもだからこそ苦しい辛いだけではなくてなぜ失敗したのか、どうしてこんな悲しいことになったのか、を考えることはみんなのためにも自分のためにもなると思う。私が失敗や辛さを書かずに、全然平気、完璧だよ、と言うことは簡単だけどもそんなのはおかしい。

これだけコーチングや色々な本を読んで学んでも失敗があったし悲しいこともあってどん底にいる。それはなんで?と検証して考えることが知的に誠実な態度であって、恥ずかしいからとかという理由で隠蔽することではない。

なんでこんな事になった?という事は大切な気づきになる。だけどもそれを今向き合うのはしんどすぎるのも本音です。失敗した自分を許さず、ミスを認めず隠蔽したりしてはいけない。また、失敗した自分に落ち込み続けて辛い辛いと言っていても意味がない。そんなことを少しでも投稿で伝えられたら嬉しいと思います。

今日は夜20時以降に烏賀陽さんとライブする予定です。ライブ配信正式に決まったら連絡します。その時はシェアといいねで応援してね。いつも皆さんありがとう。

過ちを認め、成長し、幸せになっていくためにはどうすればいいのか?原発事故と心の不幸は同じ問題だ


20時スタート。興味がある人はこのURLを時間になったらクリックしてください。見れなかった人も後で録画で見れます。

烏賀陽さん新作note!
何百年もかけて築いてきた歴史、文化や伝統が原発事故で水泡に私たちには何の落ち度もないのに・・・福島県南相馬市小高(おだか)区に住む、元小高町長の江井績(えねい・いさお=77)さんのインタビューを掲載
https://note.mu/ugaya/n/n55c52f164d29

清水有高プロフィール

清水有高プロフィール



会ったことがない人の場合、スパム防止のためにFacebookの友達申請は記事にイイネ!&友達申請してくれた人に私が承認するようにしています〜^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清水 有高

清水 有高Yukou Shimizu

ビ・ハイア株式会社 代表取締役

一月万冊 清水有高(しみずゆうこう)滋賀県出身。元不登校児、母子家庭育ち。ビ・ハイア株式会社代表取締役。滋賀県立大学人間文化学部卒業。ベンチャー役員、上場企業役員などを経験しコーチ、投資家、経営者として活動中。東京大学を始め各種大学でも講演多数。コーチングと読書を経営に活かし営業利益1億円以上、自己資本比率70%の会社を経営。8年間でスタッフ1人あたりの営業利益を100倍以上にする。

新着記事

人気ランキング