トップページ  » 日記  » 烏賀陽さんと久しぶりに220分超えライブ終了!200人近く見てくれて感謝!新作ノート発表!原発事故汚染地帯を歩いて考えた。避難解除されたからといって小中学校を再開する必要があるのか

2018.08.23 THU - 日記

烏賀陽さんと久しぶりに220分超えライブ終了!200人近く見てくれて感謝!新作ノート発表!原発事故汚染地帯を歩いて考えた。避難解除されたからといって小中学校を再開する必要があるのか


烏賀陽さんとの久しぶりの220分超えライブ終了!今、出演料のドアノーの写真集「芸術家達の肖像」を渡し、焼き鳥奢って解散してきました。なんと!烏賀陽さんとは明後日にもライブやるよ!今日も同時に200人近く見てくれて大感謝。見てくれた人もこれから見る人もありがとうー!

先ほどのライブはこちら


烏賀陽さんの新作ノートを買って待とう!

原発事故汚染地帯を歩いて考えた。避難解除されたからといって小中学校を再開する必要があるのか

https://note.mu/ugaya/n/na9a74bbadf57


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清水 有高

清水 有高Yukou Shimizu

ビ・ハイア株式会社 代表取締役

一月万冊 清水有高(しみずゆうこう)滋賀県出身。元不登校児、母子家庭育ち。ビ・ハイア株式会社代表取締役。滋賀県立大学人間文化学部卒業。ベンチャー役員、上場企業役員などを経験しコーチ、投資家、経営者として活動中。東京大学を始め各種大学でも講演多数。コーチングと読書を経営に活かし営業利益1億円以上、自己資本比率70%の会社を経営。8年間でスタッフ1人あたりの営業利益を100倍以上にする。

新着記事

人気ランキング