トップページ  » 日記  » 軽井沢シンドロームの聖地、古月堂という喫茶店来訪。軽井沢写真日記。

2018.08.21 TUE - 日記

軽井沢シンドロームの聖地、古月堂という喫茶店来訪。軽井沢写真日記。

DSC06203
私が働いてるアニメゲーム漫画業界なら必須!と勝手に決めた!たがみよしささんの軽井沢シンドロームの聖地古月堂が今月で終わり!正確には9月2日で終わり!行くしかないでしょ!と言うわけで来ました!用事終わり!東京戻ります!(笑)次は私が30〜40年続く聖地を作る!

DSC06827
古月堂という喫茶店が軽井沢シンドロームという漫画の中に出てくるのですが、これが何と30年以上続いてる喫茶店なのです。色んな漫画の聖地とか言われ出したのは2010年くらいからですが、それよりも何十年も前から聖地のように存在していた喫茶店です。しかしその喫茶店もついに店主の高齢化に伴い終了。今は色んなファンの人が最後の別れを惜しんで来店されています。
https://tabelog.com/nagano/A2003/A200301/20001341/

DSC06836
店内は今まで来た人の名刺や切符がびっしり貼り付けられておりました。情報が人を動かす。凄い事ですよね。そのパワーを実感するために行ってきました。あとは折角軽井沢に来たのでちょっとだけ遊んで帰りました。東京よりも5度くらい涼しくて最高!

DSC06205DSC06210DSC06213DSC06215DSC06234DSC06250DSC06251DSC06258DSC06267DSC06271DSC06283DSC06287DSC06293DSC06297DSC06334

DSC06373

ネコ撮影中



DSC06974

軽井沢のネコ



DSC06418DSC06952DSC06934DSC06878DSC06925DSC06421

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清水 有高

清水 有高Yukou Shimizu

ビ・ハイア株式会社 代表取締役

一月万冊 清水有高(しみずゆうこう)滋賀県出身。元不登校児、母子家庭育ち。ビ・ハイア株式会社代表取締役。滋賀県立大学人間文化学部卒業。ベンチャー役員、上場企業役員などを経験しコーチ、投資家、経営者として活動中。東京大学を始め各種大学でも講演多数。コーチングと読書を経営に活かし営業利益1億円以上、自己資本比率70%の会社を経営。8年間でスタッフ1人あたりの営業利益を100倍以上にする。

新着記事

人気ランキング