トップページ  » 日記  » SNSで本音ぶちまけかまってちゃんにならないように気をつけてる事

2018.08.19 SUN - 日記

SNSで本音ぶちまけかまってちゃんにならないように気をつけてる事


最近そこまで書いていいの?!と本音を投稿する清水さんです。この七転び八起きのリアルドラマを少しでも皆さんに届けて、少しでも何か気づきを共有できたらなあと思っております。あと、このリアルドラマ、他人事としてみたらめっちゃ楽しいし(笑)自分がクソしんどくても皆さんには楽しさと気づきを伝えたい。

今日はSNSでネガティブな本音をぶちまけると最初はみんなが共感してくれるけどそればかり続けているとそっぽ向かれる。そして余計にひねくれてこじらせる、という話を思いついたので書きます。ちなみにもう関東に帰ってきたよ^^ただいま。

このネガティブ本音ぶちまけ、最初は構ってもらえるからさらに続けるけどその内そっぽ向かれると言う、SNSネガティブかまってちゃん現象の流れは誰も幸せにならない。SNSで毒を吐いたり本音をぶちまけている人がいるけど、それには最初共感がつく。なぜならばそれはみんなやりたいけど出来ないことだからだ。しかし、本音ばかり叫んでいてもそのうち人が離れてしまう。何故ならばただのネガティブな本音をぶちまけられ続けてもどうしようもないからだ。

私だって辛い悲しい誰か助けてくれーーーー!!と叫びたくなるが、それだけ言い続けても何にもならん(笑)〇〇のボケ!裏切りやがって!と叫ぶだけなら最初は同情を買ってもやっぱり何にもならない。私が自分の投稿をする時に気をつけてるのがただの自分がスッキリするためだけの投稿にならず、なるべく自分以外の人にとって価値のある投稿にしたいと思っている。

自分の愚痴だけ言いたいならキャバクラとか行けばいくらでも聞いてくれる。私は行かんけどさ。え?無料で永遠に自分を受け入れてくれる存在がほしい?すげえ気持ちはわかるけど、それって結局どこにもいない。あるとしたら詐欺師のパンフレットの中にだけ存在する(笑)

ぶちまけ続けている事がクセになる人はその内

ぶちまけ続けて煙たがられるようになって余計腐ってしまう

ぶちまけ続けてる所に私の方が辛いぞ!という辛さマウンティングが始まってしまう

ぶちまけ続けても誰にも相手されなくなってそっと静かになる

というパターンを経ている事が多い。これ、結局誰も幸せにならないんだよね。。。裏切りへの怒りやら悲しみやら本当に色々この半年あったけど、ようやく少し元気が出てきた。あれも書きたい、これもやりたい、この話題もライブで話したい、という元気が出てきた。何より、結局どれだけ辛い目にあっても仲間に裏切られても、助けてもらえることはできるけど最終的には自分でなんとかするしかない、という事実を受け入れられるようになってきた。

この元気が出てきたのも、ただぶちまけるのではなく、節度を持って色んな人にぶちまけたからだ(笑)節度を持ってぶちまけるというのは変な表現だけど特定の一人にぶちまけると相手も受け入れきれない。たくさんの人に節度を持ってぶちまけられたおかげで元気が復活しつつある。いや、ほんま感謝。仕事で恩返ししていきたいし、これからも情報配信を続けていきたい。

写真は新幹線の鏡を使った自撮りです。

追記

節度を持ちきれずぶちまけに付き合ってくれた筆頭の二人は平田さんと烏賀陽さんだろう。この二人は深夜の電話に付き合ったりしてくれて、さながら深夜の心の救急搬送先だった。祢津さんとか内山さんにもだいぶ助けられた。本間さん安冨さんもそう。残ってくれてる榊原さんにも、新しい仲間にも助けられた。何より記事に反応してくれてる皆さんにも!ありがたやありがたや。

地元の伊吹山

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清水 有高

清水 有高Yukou Shimizu

ビ・ハイア株式会社 代表取締役

一月万冊 清水有高(しみずゆうこう)滋賀県出身。元不登校児、母子家庭育ち。ビ・ハイア株式会社代表取締役。滋賀県立大学人間文化学部卒業。ベンチャー役員、上場企業役員などを経験しコーチ、投資家、経営者として活動中。東京大学を始め各種大学でも講演多数。コーチングと読書を経営に活かし営業利益1億円以上、自己資本比率70%の会社を経営。8年間でスタッフ1人あたりの営業利益を100倍以上にする。

新着記事

人気ランキング