トップページ  » 日記  » 一月万冊がこれからやらないつもりの二つの事。教祖化する圧力がとても嫌だ。

2018.08.12 SUN - 日記

一月万冊がこれからやらないつもりの二つの事。教祖化する圧力がとても嫌だ。

私が運営する一月万冊のYouTubeチャンネルが1万人を超えたけど、これライブ初めて1年くらいで5000人くらい増えたので10年後には6万とか、もっと行けば数十万人になるのか。そんなのもう宗教だよ。今でも宗教臭いとおもわれてるのに(笑)だからここで一月万冊関連で絶対にやらない事を書きます。

1 上場しない事
2 階層性を作らない事

です。上場すれば数字だけを追いかけることにならざるを得ないので本の中身に注力することができなくなる。ただし上場した方が資金調達の幅増えて後継者が探しやすい。しかし私は死んでからのことは悩まないので私が死んだ後はだれか勝手に悩んでください(笑)

階層性というのは一月万冊を運営するのに当たって、この著者はプラチナクラス、ゴールドクラスとかそういう階層性を作らない。資格とか免許とかも出さない。

速読認定とかスクールやって認定資格とか免許だせば儲かるという人がいるけど、そういうのは絶対に嫌だ。この二つをやったら一月万冊はとりあえずみなくていいと思う。どれだけきれいごとをいってもそれはカルト化の道か金の亡者の道にすぎない。

とか言って将来的にこの投稿こっそり消したら許してね。清水さんも人間なのでその時は

清水よ・・・老いたんか・・・

というわけで新しい人が私を越してください(笑)写真は朝の海の家。カラスだらけや。

DSC06084.jpg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清水 有高

清水 有高Yukou Shimizu

ビ・ハイア株式会社 代表取締役

一月万冊 清水有高(しみずゆうこう)滋賀県出身。元不登校児、母子家庭育ち。ビ・ハイア株式会社代表取締役。滋賀県立大学人間文化学部卒業。ベンチャー役員、上場企業役員などを経験しコーチ、投資家、経営者として活動中。東京大学を始め各種大学でも講演多数。コーチングと読書を経営に活かし営業利益1億円以上、自己資本比率70%の会社を経営。8年間でスタッフ1人あたりの営業利益を100倍以上にする。

新着記事

人気ランキング