トップページ  » 日記  » 傷ついて疲れた時に落ち込んで腐っても無駄だし、傷を無視して走ろうとしてもやっぱり無駄だよね。

2018.07.02 MON - 日記

傷ついて疲れた時に落ち込んで腐っても無駄だし、傷を無視して走ろうとしてもやっぱり無駄だよね。

DSC05004
さあ、月曜日だ。どんなにしんどいことがあっても結局は生きていくわけで、社長をやっているとおちおち止まることも出来ない。仲間に悲しいことがあったり、友人に裏切られても、まあ、そんなことは関係なく経済は回り仕事をする必要があります。それを嘆いても仕方ない。落ち込んでいるときに嘆いて腐っても余計悪くなるし、かと言って自分を叱咤激励してもっと働け!元気出せ!と言っても焼け石に水。

DSC04970
落ち込んで腐っても無駄。傷を無視して走っても大怪我になる。一見八方塞がりに見えても自分を大切にする事はできる。というわけで都心にいると仕事しちゃうのでめちゃくちゃ暑かったのですが休日は軽く山登ってきました。汗だくになりましたがこれはこれでいい気分転換になりました。人って大変な時に落ち込んで腐るか、疲れを無視して突っ走るかどっちかになりがちだけどその両極端って状況は改善されないよな〜と思った山の上でした。

DSC01605
DSC01609

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清水 有高

清水 有高Yukou Shimizu

ビ・ハイア株式会社 代表取締役

一月万冊 清水有高(しみずゆうこう)滋賀県出身。元不登校児、母子家庭育ち。ビ・ハイア株式会社代表取締役。滋賀県立大学人間文化学部卒業。ベンチャー役員、上場企業役員などを経験しコーチ、投資家、経営者として活動中。東京大学を始め各種大学でも講演多数。コーチングと読書を経営に活かし営業利益1億円以上、自己資本比率70%の会社を経営。8年間でスタッフ1人あたりの営業利益を100倍以上にする。

新着記事

人気ランキング