トップページ  » 日記  » 大山さんのお別れ会おわりました。あの子の事を悲しんであげられる人は、自分に対してもそれだけ自分の事を好きだと言ってあげられる人たちです。

2018.04.15 SUN - 日記

大山さんのお別れ会おわりました。あの子の事を悲しんであげられる人は、自分に対してもそれだけ自分の事を好きだと言ってあげられる人たちです。

大山さんのお別れ会本日終わりました。そして私は今帰宅しました。五十人以上の人たちが来てくれました。お花を持って来てくれたり大山さんの好きなお菓子を持って来てくれたりキューバンダビドフ持って来てくれたり本当に色んな人が思い思いに大山さんを偲んで下さいました。本当にありがとうございます。あの子は自分がこれだけ愛されていたという事実を知らないまま突然いなくなってしまいましたがこれだけの人に愛されていたということはあの子に伝わったと思います。

お別れ会の時にもお話ししましたが果たして私たちは自分がどれだけ愛されているのかということをちゃんと認識してるのでしょうか。あの子の事を悲しんでくれた人たちはあの子の死を悲しむだけではなく自分がどこかで誰かに愛されているということに気づいて欲しい。そしてそのためにすこしでもいいので今日自分のことを愛してあげて下さい。自分のことを好きだと自分に言ってあげてください。あの子の事を悲しんであげられる人は、自分に対してもそれだけ自分の事を好きだと言ってあげられる人たちです。今日のことを一つの区切りとして私はまた明日からあの子の想いを継いで業界発展や毒親問題解決のために自分を愛しつつ生きていきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清水 有高

清水 有高Yukou Shimizu

ビ・ハイア株式会社 代表取締役

一月万冊 清水有高(しみずゆうこう)滋賀県出身。元不登校児、母子家庭育ち。ビ・ハイア株式会社代表取締役。滋賀県立大学人間文化学部卒業。ベンチャー役員、上場企業役員などを経験しコーチ、投資家、経営者として活動中。東京大学を始め各種大学でも講演多数。コーチングと読書を経営に活かし営業利益1億円以上、自己資本比率70%の会社を経営。8年間でスタッフ1人あたりの営業利益を100倍以上にする。

新着記事

人気ランキング