トップページ  » 日記  » あの子の件があって休んでいて遅れましたがついに日本の出版の未来を良くするあの本(一番下の分厚い本)のサンプルが完成しました。

2018.04.13 FRI - 日記

あの子の件があって休んでいて遅れましたがついに日本の出版の未来を良くするあの本(一番下の分厚い本)のサンプルが完成しました。

あの子の件があって休んでいて遅れましたがついに日本の出版の未来を良くするあの本(一番下の分厚い本)のサンプルが完成しました。ルーのアファメーションと苫米地さんの言葉があなたの人生を決めると比較すると分厚さがわかると思います。これから本格的に印刷をスタートします。四月下旬から配送していけると思います。

定価3万円の価格設定、そして本屋でもアマゾンでも売らずイベントだけで予約受付という前代未聞の価格設定に売り方ですが、それ自体が新しい出版の未来の形のあり方の一つです。おかげさまでイベントで300冊以上予約注文もらいました。初版はたった500冊。しかし、ルソーの社会契約論とかだって最初は600冊程度の印刷。ニュートンのプリンピキアだって100冊未満程度。ここから歴史を変えて行きます。

余談ですが500冊印刷して送ってくれと言ったら印刷会社から

500キロ以上になりますけど大丈夫ですか??

と言われた(笑)重さもやばいです。出来上がりが楽しみです。あの子の件があった時に皆さんが快く休んでいいよと言っていただいたおかげで遅れましたがその分元気補充してこのような明るい報告も出来ました。ありがとうございます!

ORG_DSC07318.jpg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清水 有高

清水 有高Yukou Shimizu

ビ・ハイア株式会社 代表取締役

一月万冊 清水有高(しみずゆうこう)滋賀県出身。元不登校児、母子家庭育ち。ビ・ハイア株式会社代表取締役。滋賀県立大学人間文化学部卒業。ベンチャー役員、上場企業役員などを経験しコーチ、投資家、経営者として活動中。東京大学を始め各種大学でも講演多数。コーチングと読書を経営に活かし営業利益1億円以上、自己資本比率70%の会社を経営。8年間でスタッフ1人あたりの営業利益を100倍以上にする。

新着記事

人気ランキング