トップページ  » 日記  » 今日はバレンタインデーという資本主義が仕掛けた戦争の決戦の日である!戦士達よ!戦え!

2018.02.14 WED - 日記

今日はバレンタインデーという資本主義が仕掛けた戦争の決戦の日である!戦士達よ!戦え!

DSC01878
バレンタインデーですね。バレンタインはもうお腹いっぱい。チョコはいらない。。。と今は言えますが昔は言えなかった。不登校児で引きこもりでアニメゲーム漫画オタクだった私はバレンタインデーチョコからは全くの無縁の存在。そもそも学校に行ってないのだからしかたない。そりゃもう、羨ましく見ていたわけです。バレンタインというイベントを(笑)

しかし、初めて年収1,000万円超え始めた年のバレンタイン、多分アレは2003年か2004年とかのバレンタインデー前に『鬼のようにチョコをもらう男に俺はなるんだ!このままブスブスと腐ってバレンタインに負けてたまるか!!』と決意しました。バレンタインデーという資本主義が仕掛けた戦争に俺は勝ってやる!!と決意したのです。

言わば資本主義に植え付けられたバレンタインコンプレックスなるものが私にあり、それをぶっ壊そうと決意したのです。

どうせもらうなら素敵な女性からがいい。というわけでバレンタイン前に『私はチョコが欲しい』と自分が素敵だと思う人達に言って回りました。その結果、15〜20個くらいのチョコ、それも本命チョコや手編みマフラー&チョコなどをもらい大変な事になりました。結婚してくださいとか言ってきた女の子もいた・・・重かった。あの時は私は本命チョコを沢山もらうという恐ろしさに気付きました。

結局バレンタインというのは資本主義が仕掛けたお祭りであって、もらえない人は悲しいし、もらいすぎてる人も結局しんどい。これを楽しめるのはもらいまくってこのお祭りに酔っ払ってる人しかいない。お金持ちを目指すのもそうで、お金を沢山稼いでも何にも楽しくない。だけど持って無い人はお金持ちを妬むし、持って無い自分を悲しむ。まさにバレンタインとは資本主義の祭です。参加するならそれをわからないとね。

私はそのお祭りに全力で参加してみて『これはもう充分だ』と思いました。というわけでそれ以降付き合ってる彼女からですらチョコはいらない、と言っております。それだと情緒がないから小さなお菓子くらい渡させてよ、と言う子もいれば、わかった、じゃあ渡さないね、という子もいた。バレンタイン渡させてくれないなんて酷い!!という子は一人もいなかった。

バレンタインコンプレックスから開放されたわけですが、似たような物に

学歴コンプレックス

と言うモノがあった。これもまた厄介で、じりじりと人を追い詰める。これは勝とう!と決意したわけではなく1,500冊毎月本を読んでいたらハーバードから東大京大早稲田慶應の博士号を持ってる人から色々頼られるようになり、学問的な部分でも話をしていて面白いな〜と思っていたら自分の中で自然と消えてることに気がついた。

他にもコンプレックスがあったとしたら

収入コンプレックス

だ。私は家がお金持ちでも何でもなかったのでお金持ちにいいなあ〜という憧れがあった。でもこれも自然と消えていった。年収100億でも不幸そうなお金持ちが本当にいることや、自分が稼ぎまくったら消えていた。

重要なのはコンプレックスをバネにするのではなく、消すことが大事。かりにバレンタインコンプレックスを突き詰めていくと、チョコ10個もらったら次は100個!とキリが無くなる。学歴コンプレックスだって東大法学部を卒業したら次はハーバード大学、そしてノーベル賞、それでも満足出来ない!!!となってしまう。お金だってそうで年収1,000万の次は1億円!10億円!満足出来ない!!!となる。

こういう風になる人と言うのは結局自分の中のコンプレックスと正しく向き合ってないのだ。簡単に言うと

バレンタインなんて別に興味ないよ(といいつつチョコもらったら嬉しい)
お金持ちなんてバカだよ(といいつつ100万ひろったら嬉しい)
学歴だけ合っても意味が無い(といいつつ東大とかいくと緊張する)

という風に自己欺瞞をしてる人だ。こういう人は正しくコンプレックスを解消できずに一生こじれる。なぜ、チョコをもらえないのが嫌なのか、それには必ず理由がある。

バレンタインチョコもらえないのが恥ずかしいならそれはそれでいいじゃないか。恥ずかしいなあ〜〜〜と自覚すればいいし、嫌だと思ったらチョコをもらうために動けばいい。バレンタインコンプレックスやモテコンプレックス、学歴コンプレックス、何でも一緒。自己欺瞞は自分を救わない。

そんなことを毎年思い出すバレンタイン・・・参加するならお祭りだと自覚して参加しましょう。写真は東大話法の著者、東京大学安冨歩東大教授と新宿紀伊国屋書店本店ホールで講演した時の写真。東大話法は自己欺瞞がどのようにして起きて原発まで爆発することになるのか、について書かれている。オススメです。

原発危機と「東大話法」―傍観者の論理・欺瞞の言語―安冨 歩
http://amzn.asia/3WQ9kjJ

追伸

最近Facebook友達申請が多いのですがスパムと分けるためにも、基本的に友達申請は私の記事にいいね!してくれた人に私から申請するようにしています。

YouTube https://www.youtube.com/c/yukoreadman/
Twitter https://twitter.com/monthlymansatsu
LINE https://line.me/R/ti/p/%40uzz0811w

私に質問がある人は氏名、年齢、住所(何県のみでOK)、職業、質問内容を具体的に書いてFacebookMessenger、一月万冊公式LINE@、thanks@raku-job.jp宛てにメッセージください。質問が具体的な人でルールに則っている人の質問を取り上げます。そうじゃないと、匿名でざっくりした質問が多すぎて答えようがない(笑)

いつも清水さんありがとう!と応援したい人は

三菱東京UFJ銀行
永福町支店
普通口座 4569556
シミズユウコウ

にカンパしてください。1万円以下でも大喜び!!!清水さんの一月万冊運営費用に使わせて頂きます。運営費用と言っても読書代に消えます(笑)それが主な運営費用で年間1,000万以上かかります。それと!カンパしてくれた人は是非私にメッセージかメールをください!お礼をちゃんと伝えたいです!読書家が成功する世の中にしたい!というわけで今日も読書!

今日も読書!

一月万冊 清水有高(しみずゆうこう)滋賀県出身。元不登校児、母子家庭育ち。ビ・ハイア株式会社代表取締役。滋賀県立大学人間文化学部卒業。ベンチャー役員、上場企業役員などを経験しコーチ、投資家、経営者として活動中。東京大学を始め各種大学で講演多数。コーチングと読書を経営に活かし営業利益1億円以上、自己資本比率70%の会社を経営。8年間でスタッフ1人あたりの営業利益を100倍以上にする。コーチングと読書を通じて色々な可能性をみんなに伝えていきたくてこのチャンネルを運営中。月1,500冊以上の読書をして、それとは別腹で漫画も毎月数百冊読む。趣味はパイプ、葉巻、ドライブ、喫茶店&本屋巡り。

清水有高プロフィール詳細
">http://readman.jp/shimizu/DSC01878

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清水 有高

清水 有高Yukou Shimizu

ビ・ハイア株式会社 代表取締役

一月万冊 清水有高(しみずゆうこう)滋賀県出身。元不登校児、母子家庭育ち。ビ・ハイア株式会社代表取締役。滋賀県立大学人間文化学部卒業。ベンチャー役員、上場企業役員などを経験しコーチ、投資家、経営者として活動中。東京大学を始め各種大学でも講演多数。コーチングと読書を経営に活かし営業利益1億円以上、自己資本比率70%の会社を経営。8年間でスタッフ1人あたりの営業利益を100倍以上にする。

新着記事

人気ランキング