トップページ  » 速読多読コーチング  » 自分が何をした良いかわからない?今の日本はハングリー精神を持ちにくい時代だしそれでいいのだ!

2014.07.28 MON - 速読多読コーチング

自分が何をした良いかわからない?今の日本はハングリー精神を持ちにくい時代だしそれでいいのだ!

自分が何をした良いかわからない?今の日本はハングリー精神を持ちにくい時代だしそれでいいのだ!と言う動画です。私に対する質問として『何をして良いかわからない』『Want toって何だ?』というのが沢山きます。その中には強迫観念のように『何をしたらいいかわからないとダメだ』と思ってる人もいます。それは違うんです。大抵そういう観念を若者に植え付けてるのはおじいちゃんおっさん世代です。簡単に言うとハングリー精神持て!みたいな?実はそれって聞く必要が無いことなんですよ、と言う動画。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清水 有高

清水 有高Yukou Shimizu

ビ・ハイア株式会社 代表取締役

一月万冊 清水有高(しみずゆうこう)滋賀県出身。元不登校児、母子家庭育ち。ビ・ハイア株式会社代表取締役。滋賀県立大学人間文化学部卒業。ベンチャー役員、上場企業役員などを経験しコーチ、投資家、経営者として活動中。東京大学を始め各種大学でも講演多数。コーチングと読書を経営に活かし営業利益1億円以上、自己資本比率70%の会社を経営。8年間でスタッフ1人あたりの営業利益を100倍以上にする。

新着記事

人気ランキング