トップページ  » 速読多読コーチング  » 弱者のコーチングと強者のコーチング。現状を見ることはエフィカシーを下げる事ではない。

2018.05.25 FRI - 速読多読コーチング

弱者のコーチングと強者のコーチング。現状を見ることはエフィカシーを下げる事ではない。

強者のコーチングと弱者のコーチング。強者とはやりたい事が決まってる人。ゴールが決まってる人。弱者とは何がやりたいかわからない人。ゴールが決まってない人。もともとコーチングは強者を更に強くするために産まれたものだ。ルータイスは大統領やオリンピック選手の能力開発、コーチングをして頂けどもまさかオリンピック選手が

私はどんなスポーツをしたいかわからない
私は優勝したいかどうかわからない

というところで悩むわけがない(笑)やりたい事は決まってるけど更に強くなりたい!能力を磨きたい!という人達が強者だ。ゴールは決まってるけども更に伸びたい、あるいは更に現状を超えていきたい!と言う人達にはとてもコーチングは機能する。そのやり方を弱者に当てはめるとおそらく相当困惑する。コーチングは自分でゴールを決めなさいと言うからだ。

私はやりたいことが分からない
私は何をしたら良いかわからない

と言う人達に対してコーチングは

自分で決めなさい

と答える。これが一番真摯な回答だ。しかし、そもそも決められないからこそ弱者なのであって決められてるんだったら最初っから成功してる。仕方なくコーチングの本を読んでこれかな〜というゴールを設定するけどもなかなか情熱が続かない。そうなると今度は

私のやりたい事はこれかな・・・?いや、違った。これかな・・・?いや、違った。

を繰り返す事になる。ゴール難民と化す。ゴール設定が大切なことはわかっているのだけどもそれができない・・・という人になってしまう。

では弱者にコーチングが効かないと言ったらそんなことはない。オリンピック選手もそうじゃ無い人も同じ人間だし脳みそも肉体も同じ。オリンピック選手は100メートルを9秒台で走るけども普通の人だってどれだけ遅くても20〜30秒で走れる。という事は能力差は2〜3倍しか無いのだ。元々の能力差がオリンピック選手は100メートルを0.01秒で走るけども・・・となったら勝ち目はないが結局同じ人間なのだ。

コーチングを実践する多くの人は自分が弱者か強者なのか見極めないまま、強者が書いたコーチングの本を読んでいる。そうすると悲劇が起きる。自分と著者の差を見極める、そして著者の立場になって読めばこの悲劇は回避できる。私だって不登校児だったし、東大はいれたわけでもない。弱者だった。それでもここまでこれたのだ。

また、自分を弱者というのはドリームキラーでもエフィカシーを下げる行為でも何でもない。現状とゴールのギャップがエネルギーを生み出すのだから自分の立ち位置を把握することこそコーチングの実践なのだ。

写真は母校で講義した際にとったモノです。人が育つ大学、それが滋賀県立大学。

ORG_DSC04793
下記は清水も登壇するイベント告知

6/3 9時30分〜
読書の実践〜不完全性定理と不規則遷移現象の中で人間はどのように知識を得て情報処理を行うのか?〜in東京大学
https://www.facebook.com/events/215125532422627/

6/3 14時〜東京大学安田講堂 ファッションポジウム
https://www.facebook.com/events/890428367803263/

追伸

最近Facebook友達申請が多いのですがスパムと分けるためにも、基本的に友達申請は私の記事にいいね!してくれた人に私から申請するようにしています。

YouTube https://www.youtube.com/c/yukoreadman/
Twitter https://twitter.com/monthlymansatsu
LINE https://line.me/R/ti/p/%40uzz0811w

私に質問がある人は氏名、年齢、住所(何県のみでOK)、職業、質問内容を具体的に書いてFacebookMessenger、一月万冊公式LINE@、thanks@raku-job.jp宛てにメッセージください。質問が具体的な人でルールに則っている人の質問を取り上げます。

いつも清水さんありがとう!と応援したい人は

三菱東京UFJ銀行
永福町支店
普通口座 4569556
シミズユウコウ

にカンパしてください。1万円以下でも大喜び!!!清水さんの一月万冊運営費用に使わせて頂きます。運営費用と言っても読書代に消えます(笑)それが主な運営費用で年間1,000万以上かかります。それと!カンパしてくれた人は是非私にメッセージかメールをください!お礼をちゃんと伝えたいです!読書家が成功する世の中にしたい!というわけで今日も読書!

今日も読書!

一月万冊 清水有高(しみずゆうこう)滋賀県出身。元不登校児、母子家庭育ち。ビ・ハイア株式会社代表取締役。滋賀県立大学人間文化学部卒業。ベンチャー役員、上場企業役員などを経験しコーチ、投資家、経営者として活動中。東京大学を始め各種大学で講演多数。コーチングと読書を経営に活かし営業利益1億円以上、自己資本比率70%の会社を経営。8年間でスタッフ1人あたりの営業利益を100倍以上にする。コーチングと読書を通じて色々な可能性をみんなに伝えていきたくてこのチャンネルを運営中。月1,500冊以上の読書をして、それとは別腹で漫画も毎月数百冊読む。趣味はパイプ、葉巻、ドライブ、喫茶店&本屋巡り。

清水有高プロフィール詳細

清水有高プロフィール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清水 有高

清水 有高Yukou Shimizu

ビ・ハイア株式会社 代表取締役

一月万冊 清水有高(しみずゆうこう)滋賀県出身。元不登校児、母子家庭育ち。ビ・ハイア株式会社代表取締役。滋賀県立大学人間文化学部卒業。ベンチャー役員、上場企業役員などを経験しコーチ、投資家、経営者として活動中。東京大学を始め各種大学でも講演多数。コーチングと読書を経営に活かし営業利益1億円以上、自己資本比率70%の会社を経営。8年間でスタッフ1人あたりの営業利益を100倍以上にする。

新着記事

人気ランキング