トップページ  » 読書ブログ  » 桜は本当に美しいのか 欲望が生んだ文化装置を読んだ。

2014.04.02 WED 読書ブログ

桜は本当に美しいのか 欲望が生んだ文化装置を読んだ。

桜は本当に美しいのか  欲望が生んだ文化装置という本を読んだ、平凡社の本。桜というと私達にとって美しいモノ、と言う認識がある。しかし、それは広告によって作られたブランドイメージなのかもしれない。こんな視点で書かれているだけで面白い読書になる。

以下、本の内容より。

記紀・万葉の昔から、王朝文学、
能・歌舞伎、近代文学、現代短歌、
そして21世紀の「桜ソング」まで――。
「桜は美しい」という〈美意識〉は、
実は「創られた伝統」であった。
――――――――――――――――――――――――
桜は、遠い昔には、人知れず山中に咲いていた花である。桜を人間の俗界に招き入れ、あえかなはなびらに、堪え得ぬほどの重荷を負わせたのは、私たちの罪ではないか。我に触るるな。あの春に見た桜は、そう言っていたのかも知れない。(「まえがき」より)

とのこと。花見で世間が染まっているからこそ、こういう本を読むのが面白い。常識というのは大抵作られている。その作られたイメージというのは誰が何のために作ったのか、それを考えることはとてもいい思考トレーニングになるし、読書になる。なんでもいい。お酒はいつから美味しいのか?車はいつから格好いいのか?戦争はいつから悪い物になったのか?などなど、いくらでも楽しく連想できる^^

DSC_0011

IMG_2418

コメント

清水 有高

清水 有高Yukou Shimizu

ビ・ハイア株式会社 代表取締役

一ヶ月1,500〜3,000冊の読書をする読書家。昭和53年12月23日 滋賀県出身。滋賀県立大学人間文化学部卒業。2001年 人材紹介会社の創業メンバーの一人として営業担当取締役として活動。2005年 プロダクションアイジー(アニメ制作会社)に転職。経営企画室に配属。その後、2005年12月にビ・ハイア株式会社を設立。

詳しいプロフィールをみる

ソーシャルメディア

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+