トップページ  » 読書ブログ  » カレーライスの誕生 (講談社学術文庫) 小菅 桂子 (著)を読んだ

2014.03.17 MON - 読書ブログ

カレーライスの誕生 (講談社学術文庫) 小菅 桂子 (著)を読んだ

カレーライスの誕生 (講談社学術文庫) 小菅 桂子 (著)と言う本を読んだ。最初にカレーライスに出会った日本人達の戸惑い。そこから国民食になって行くまでの過程。色々と書かれていて面白い。日本におけるカレーの産業規模は1,000億円を超える。この本を読んで感動したのは、普段何気なく接しているものですら、歴史があり情報の積み重ねがあり、知識の集大成となり、一冊の本にすることが出来ると言うことだ。私達は何気なく生きているけど、想像以上の情報に囲まれて生きている。カレーライスの何気ない本からそんなことを感動した。

IMG_2246

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清水 有高

清水 有高Yukou Shimizu

ビ・ハイア株式会社 代表取締役

一月万冊 清水有高(しみずゆうこう)滋賀県出身。元不登校児、母子家庭育ち。ビ・ハイア株式会社代表取締役。滋賀県立大学人間文化学部卒業。ベンチャー役員、上場企業役員などを経験しコーチ、投資家、経営者として活動中。東京大学を始め各種大学でも講演多数。コーチングと読書を経営に活かし営業利益1億円以上、自己資本比率70%の会社を経営。8年間でスタッフ1人あたりの営業利益を100倍以上にする。

新着記事

人気ランキング