トップページ  » 読書ブログ  » 日野原重明さん105歳で大往生から見る超長寿社会と超格差社会

2017.07.20 THU - 読書ブログ

日野原重明さん105歳で大往生から見る超長寿社会と超格差社会

日野原重明さん105歳で大往生から見る超長寿社会と超格差社会。 21時05分よりライブ配信やりまーす。興味がある人は下記URLをクリックして下さい。105歳まで生きて100歳超えても現役医師を貫いた聖路加国際病院名誉院長の日野原重明(ひのはら・しげあき)さんがお亡くなりになりました。100歳超えても現役って凄いし、生き方も死に方も哲学を感じました。が、意外と我々は何歳まで生きるのか?とイメージしてる人は少ない。このままの調子で寿命が延びたら日本人全員が100歳以上現役当たり前の社会になるかも。

そうなったら、今、40歳の人が新築のマンションを買っても100歳には築60年の老朽化です。今、60歳で貯金がない人は貯金が無いまま40年以上働く事になります。超長寿社会は超格差社会をもたらします。それについてライブで話し、また、乗り越え方も話します。

以下、日野原重明さんwikiの経歴より引用

日野原 重明(ひのはら しげあき、1911年(明治44年)10月4日 – 2017年(平成29年)7月18日[1])は、日本の医師・医学博士。聖路加国際病院名誉院長、上智大学日本グリーフケア研究所名誉所長、公益財団法人笹川記念保健協力財団名誉会長、一般財団法人ライフ・プランニング・センター理事長、公益財団法人聖ルカ・ライフサイエンス研究所理事長などを務めた。

京都帝国大学医学部第三内科副手、大日本帝国海軍軍医少尉等を経て、聖路加看護大学学長、聖路加国際病院院長、国際基督教大学教授、自治医科大学客員教授、ハーヴァード大学客員教授、国際内科学会会長、一般財団法人聖路加国際メディカルセンター理事長等を歴任した。日本循環器学会名誉会員となり、勲二等瑞宝章及び文化勲章を受章した。京都帝国大学医学博士、トマス・ジェファーソン大学名誉博士(人文科学)、マックマスター大学名誉博士。

以上引用終わり

最近Facebook友達申請が多いのですがスパムと分けるためにも、基本的に友達申請は私の記事にいいね!してくれた人に私から申請するようにしています。

一月万冊は他にもライブ配信、動画もLINEもしています。
ライブ配信に興味がある人は
https://www.youtube.com/c/yukoreadman/
のチャンネルを登録しておいてください。チャンネル登録しておいてくれればライブ配信をする度に通知が行きます。

LINE一月万冊公式アカウントに興味ある人は下記URLをラインで開くと公式アカウントを登録できます。よろしく!今日も読書!
https://line.me/R/ti/p/%40uzz0811w

一月万冊 清水有高(しみずゆうこう)ビ・ハイア株式会社代表取締役。滋賀県立大学人間文化学部卒業。上場企業役員や投資先企業のオーナー、コーチ、投資家。コーチングと読書を経営に活かし営業利益1億円以上、自己資本比率70%の会社を経営。8年間でスタッフ1人あたりの営業利益を100倍以上にする。コーチングと読書を通じて色々な可能性をみんなに伝えていきたくてこのチャンネルを運営中。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清水 有高

清水 有高Yukou Shimizu

ビ・ハイア株式会社 代表取締役

一月万冊 清水有高(しみずゆうこう)滋賀県出身。元不登校児、母子家庭育ち。ビ・ハイア株式会社代表取締役。滋賀県立大学人間文化学部卒業。ベンチャー役員、上場企業役員などを経験しコーチ、投資家、経営者として活動中。東京大学を始め各種大学でも講演多数。コーチングと読書を経営に活かし営業利益1億円以上、自己資本比率70%の会社を経営。8年間でスタッフ1人あたりの営業利益を100倍以上にする。

新着記事

人気ランキング