トップページ  » 読書ブログ  » 人間がお金の不安を持つのはノーベル経済学賞のプロスペクト理論で説明出来る

2017.05.02 TUE - 読書ブログ

人間がお金の不安を持つのはノーベル経済学賞のプロスペクト理論で説明出来る

ノーベル経済学賞受賞者ダニエルカーネマン博士のプロスペクト理論によると人はリスクや損失の痛みをメリットや利得の約2倍ほどに評価している。簡単に言うと2万円もらった時の喜びと1万円損した時の心の痛みは同レベルだと言うこと。人はお金が増えるよりも減る方を2倍くらい評価している。 そう考えると年収1000万円程度でお金の不安が消えないのも良くわかる。貯金が5000万程度でも人は不安を感じる。たとえ1億あっても不安は感じる。なぜなら大卒の生涯賃金が2.5億円だとして、それが生涯使うお金だと仮定すると人はその2倍くらいないと不安が消えない。人は損失を2倍くらい評価するので自分が使うかもしれない、減るお金の2倍くらいないと不安になってしかたない。普通の大卒者なら5億円純資産がないと不安で当然。

生涯で、というとピンとこないかもしれないけど、月に使う生活費が20万の人が、貯金ゼロで給料日に20万振り込まれて不安が消えるか?消えない。しかし、40万あれば不安は結構減るはずだ。20万振り込まれても、だって1ヶ月でゼロになる。。と人はちゃんと理解してる。それが無意識レベルで生涯までちゃんとわかってるのが人間の脳だ。

じゃあ、5億純資産があれば不安が消えるのかというとそうではない。純資産が5億円もある人は大抵生活費が高い(笑)仮に30歳で成功した人を仮定する。年収1億円純資産が5億円の人がいて、その人が月間200万円生活費に使うとする。その人が50年間で使うお金をざっくり計算すると年間だと2400万なので生涯で12億円。こう言う人は5億では不安になる(笑)12億円の2倍、24億円ないと人間は不安になる。実際に、私の知り合いで年収5000万とか、1億の友人知人はたくさんいる。資産だって普通の人の何倍もある。しかし彼らはいつも不安だ。これはもう仕方ない。

新卒で入社して生活レベルをそこまで上げずに生涯を暮らすとして、その時点で5億円ほどもっていたら大体不安は消える。が、こんな人いるわけがない。お金の不安に突き動かされてたくさん稼ぐと、ストレスが溜まるのでいいお酒を飲んだり、いい家に住んだりして生活費があがるので結局5億では足らなくなる。そしてまた稼ぐ。そしてまた不安になる。そしてまたまたストレスが溜まってお金の不安が増える。また、稼ぐと言うラットレースへようこそ(笑)

ウォール・ストリートの人たちが年収1億、10億、100億になってもまだまだお金が欲しい!となるのはこれが理由。彼らは年収10億稼いでも、所詮は10億しかない、、、とマジで不安に思ってる。お金の不安を消したかったら5億さっさと稼いで、生活費を削って節約するしかない。

お金の不安がある知人にこの話をすると「なんて夢のない話だ」と嘆いていた。嘆いてもそう言うもんだからしかたない。だって人間だもの(笑)私のビジネスも数年は新規の売上が上がらなくても食ってけるだけのお金があるけどそれで安心なのかと言うとそうじゃない。数年じゃダメ。数世紀分くらいないとダメなもんなのだ。いかにお金の不安に突き動かされて働くのが馬鹿らしいか。だって、稼いでも稼いでもその不安は消えないのだから。

逆に考えるとこれは救いにもなる。ずっと消えない不安、悩みとわかったら不安に感じて悩むだけ無駄ということだから悩むのをやめたらいい。いつか星空が落ちてきたらどうしようと悩んだ中国古代の人がいた。それが杞憂の語源。お金の不安なんてそれと同レベル。

でもなあ、こんなことで納得して不安が消える人は最初から論理的で不安が少ない人だ。人は今日もお金の不安が消える何かを求めて幸せの青い鳥を追い求める。そんなものはないのになあ。どうせ人生最後は葉巻と同じで悩みも灰になる。今日も読書だな!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清水 有高

清水 有高Yukou Shimizu

ビ・ハイア株式会社 代表取締役

一ヶ月1,500〜3,000冊の読書をする読書家。昭和53年12月23日 滋賀県出身。滋賀県立大学人間文化学部卒業。2001年 人材紹介会社の創業メンバーの一人として営業担当取締役として活動。2005年 プロダクションアイジー(アニメ制作会社)に転職。経営企画室に配属。その後、2005年12月にビ・ハイア株式会社を設立。

新着記事

人気ランキング