トップページ  » 読書ブログ  » 斎藤一人さんの押し出しの法則を読んだ。

2014.03.08 SAT - 読書ブログ

斎藤一人さんの押し出しの法則を読んだ。

斎藤一人さんの押し出しの法則を読んだ。ようは人は見た目もキチンとしよう!と言う話。知り合いの社長が面白いことを言っていて、Facebookに写ってるみんなの写真ダサすぎる!ありえない。あんなので恥ずかしくないの?と言っていた。なかなかに辛口は無しだけど、一人さん風に言えばダサい格好はNG!と言うことになる。

私も昔はオシャレをする、明るい色の服を着る、なんて言うのは全く考えてなかった。でも、一人さんとか、色んな本に『明るい色の服をきよう』と書かれているので社会人になってから実践するようになった。これも一つの読書だね。読書をして、新しい知識を実践する。少なくとも私は今まで数万冊本を読んできたけど、どんな本にも『地味でつまらない格好をした方がいい!』とは書いてなかった(笑)

とはいえ、私も一人で読書する時までタキシードを着て読んでるわけじゃない。パジャマで読んでる。TPOが大事というわけだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清水 有高

清水 有高Yukou Shimizu

ビ・ハイア株式会社 代表取締役

一月万冊 清水有高(しみずゆうこう)滋賀県出身。元不登校児、母子家庭育ち。ビ・ハイア株式会社代表取締役。滋賀県立大学人間文化学部卒業。ベンチャー役員、上場企業役員などを経験しコーチ、投資家、経営者として活動中。東京大学を始め各種大学でも講演多数。コーチングと読書を経営に活かし営業利益1億円以上、自己資本比率70%の会社を経営。8年間でスタッフ1人あたりの営業利益を100倍以上にする。

新着記事

人気ランキング