トップページ  » 読書ブログ  » 『これからの未来いやいや仕事してる人は楽しくやりたいから仕事してる人より数億倍貧しくなる可能性がある』

2014.03.08 SAT - 読書ブログ

『これからの未来いやいや仕事してる人は楽しくやりたいから仕事してる人より数億倍貧しくなる可能性がある』

『これからの未来いやいや仕事してる人は楽しくやりたいから仕事してる人より数億倍貧しくなる可能性がある』

いやいや仕事してる人→havetoで仕事してる人



楽しくやりたいから仕事してる人→wanttoで仕事してる人

より、生産性が数十倍から数百倍も低いという事が書かれていた。だからこそ、wanttoでやりたい事を本気で自己責任で追求した方がいい。

価値が情報空間に移行した以上、物理と違い、生産性の差は数百倍、数万倍にもなる。物理の頃は力持ちと普通の人の差はあっても数倍程度。しかし、情報になると無限にその差が開く。なので、昔はhavetoで働いてもwanttoの人との差は物理的にそこまで広がりにくかった。せいぜい数倍から10倍とか?昔の奴隷と貴族の差は家のデカさ、食べ物の量とか程度だった。でも、今は違う。今の貧困層と富裕層の差はそれこそ何億倍も違う。

それは価値が情報空間に移行したから。つまり、昔はhavetoで働いても、それなりに差が少なくて報われた気になれた。今は我慢してwanttoの人に絶対勝てない。我慢する事が圧倒的に割に合わなくなってしまった。だからこそ、wanttoが大切なんだ。なんてことを思った。もちろん私の読書もwantto。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清水 有高

清水 有高Yukou Shimizu

ビ・ハイア株式会社 代表取締役

一月万冊 清水有高(しみずゆうこう)滋賀県出身。元不登校児、母子家庭育ち。ビ・ハイア株式会社代表取締役。滋賀県立大学人間文化学部卒業。ベンチャー役員、上場企業役員などを経験しコーチ、投資家、経営者として活動中。東京大学を始め各種大学でも講演多数。コーチングと読書を経営に活かし営業利益1億円以上、自己資本比率70%の会社を経営。8年間でスタッフ1人あたりの営業利益を100倍以上にする。

新着記事

人気ランキング