トップページ  » 読書ブログ  » 従業員目線がもてない経営者は結局会社もうまく運営できないだろうし、経営者目線が持てない従業員は出世できないだろう。

2014.03.08 SAT - 読書ブログ

従業員目線がもてない経営者は結局会社もうまく運営できないだろうし、経営者目線が持てない従業員は出世できないだろう。

『やりたい人がやればいい』

従業員目線がもてない経営者は結局会社もうまく運営できないだろうし、経営者目線が持てない従業員は出世できないだろう。

でも、出世したくないなら別に経営者目線なんて持たなくていいし、やりがいなんて持たなくていいでしょ。しっかり仕事こなしていればいいだけだし。


しっかり仕事をこなす=経営者目線を持つ

になっちゃってるのがおかしいよね。特にうちみたいなベンチャーね(笑)私は従業員に任せた仕事はあくまで仕事としてしっかりやってもえば、経営者目先なんて持たなくていいと思う。私は上を目指したい!と望む人は勝手に経営者目線をもつだろう。私は日本人平均給与で充分です、と言う人に無理矢理、出世しろ!一つ上の視点を持て!!と言ってもお互いしんどいだけだと思う。

やりたいひとがやればええねん。
読書も一緒。やりたい人が読めばええねん。


一月万冊 1ヶ月で1万冊読めたらいいな!
https://www.facebook.com/monthlymansatsu
一月万冊 YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/yukoreadman
〒104-0061 東京都中央区銀座5-15-1南海東京ビルSP263
tel&fax : 03-5953-8795 fax 03-5953-8862


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清水 有高

清水 有高Yukou Shimizu

ビ・ハイア株式会社 代表取締役

一月万冊 清水有高(しみずゆうこう)滋賀県出身。元不登校児、母子家庭育ち。ビ・ハイア株式会社代表取締役。滋賀県立大学人間文化学部卒業。ベンチャー役員、上場企業役員などを経験しコーチ、投資家、経営者として活動中。東京大学を始め各種大学でも講演多数。コーチングと読書を経営に活かし営業利益1億円以上、自己資本比率70%の会社を経営。8年間でスタッフ1人あたりの営業利益を100倍以上にする。

新着記事

人気ランキング