トップページ  » 読書ブログ  » 原爆投下とアメリカ人の核認識 プリンストン大学准教授 マイケル・D・ゴーディンさん著 感想

2014.08.18 MON - 読書ブログ

原爆投下とアメリカ人の核認識 プリンストン大学准教授 マイケル・D・ゴーディンさん著 感想

アメリカに核を落とされ、戦争に負け、守られてきた日本は、
アメリカの弱体化に伴って今後をどう考えていくべきか?
著者の投げかける疑問に対しても、時には反対意見や疑問を持ち、
自らの頭で考えることが読書家としての姿勢ではないかと考えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加