トップページ  » 読書ブログ  » モンテスキュー 法の精神 三権分立と民主主義における不正選挙について

2014.08.06 WED - 読書ブログ

モンテスキュー 法の精神 三権分立と民主主義における不正選挙について

モンテスキュー 法の精神 三権分立と民主主義における不正選挙について 不正選挙?そんな馬鹿な!と思う人は民主主義の基本を忘れている。


アメリカ大統領選挙の不正選挙の本を読んだ。権力は分割して、監視する。上場企業だって株主に監視されるために監査法人に高いお金を払ってる。不正選挙なんてするわけがない、と思っていたら国家がおこなうブランディングにまんまんとやられてる。権力は腐敗する。不正選挙なんてフツーにやるでしょ、だからきちんと監視しないとね、くらいでちょうどいい。

ついでにこっちは日本の話。アメリカだけじゃない。基本的にどこでもそうでしょう。
憲法違反? 北海道郵便物1000通焼却事件 NHKが証拠隠滅 5時に夢中 ニッポンダンディ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清水 有高

清水 有高Yukou Shimizu

ビ・ハイア株式会社 代表取締役

一月万冊 清水有高(しみずゆうこう)滋賀県出身。元不登校児、母子家庭育ち。ビ・ハイア株式会社代表取締役。滋賀県立大学人間文化学部卒業。ベンチャー役員、上場企業役員などを経験しコーチ、投資家、経営者として活動中。東京大学を始め各種大学でも講演多数。コーチングと読書を経営に活かし営業利益1億円以上、自己資本比率70%の会社を経営。8年間でスタッフ1人あたりの営業利益を100倍以上にする。

新着記事

人気ランキング