トップページ  » 読書ブログ  » 『IQの高さは読んだ本の数に正比例している』

2014.03.08 SAT - 読書ブログ

『IQの高さは読んだ本の数に正比例している』

『IQの高さは読んだ本の数に正比例している』苫米地さんの新刊、15才若返る脳の磨き方を買って読んだのだけど、読めば読むほど賢くなる、と言う一文があった。まさにその通りだと思う。なんというか、月1500冊~3000冊レベルで読書を続けていると実感値としてどんどん賢くなる自分を実感する。

読書を大量に続けていると『俺はなんて賢いんだ!!』と思う瞬間が必ずやってくる。しかし、更に続けているとまた、『俺はなんて賢いんだ!前も賢いと思っていたけど、今の方がもっと成長している!』という実感を感じる。まさに、読めば読むほどに賢くなる。

苫米地さんの最新刊は読書についてもかなり新しい視点で言及されていたので、一月万冊の読者達のように沢山読むぞ〜~と言う気合いを持った人達には非常にオススメの書籍。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清水 有高

清水 有高Yukou Shimizu

ビ・ハイア株式会社 代表取締役

一月万冊 清水有高(しみずゆうこう)滋賀県出身。元不登校児、母子家庭育ち。ビ・ハイア株式会社代表取締役。滋賀県立大学人間文化学部卒業。ベンチャー役員、上場企業役員などを経験しコーチ、投資家、経営者として活動中。東京大学を始め各種大学でも講演多数。コーチングと読書を経営に活かし営業利益1億円以上、自己資本比率70%の会社を経営。8年間でスタッフ1人あたりの営業利益を100倍以上にする。

新着記事

人気ランキング