トップページ  » 読書ブログ  » 『悲しいけど、読書をたくさんすると騙されなくなります』

2014.03.08 SAT - 読書ブログ

『悲しいけど、読書をたくさんすると騙されなくなります』

『悲しいけど、読書をたくさんすると騙されなくなります』

今日、でかでかと新聞の一面に大嘘が書かれていた。東京電力の脱国有化は課題が山積みである、と。大嘘ですよ。これ。何が大嘘って、

そもそも、東京電力は国有化されていません。


新聞には政府が50.1%株式を保有する東京電力

これが大嘘です。新聞も、NHKも国有化されたと言っていますが、嘘です。超、大嘘です。

東京電力の株式を半分以上保有しているのは原子力損害賠償機構という所です。私は自分で謄本も取り寄せたので知っています。ここの資本金は140億円ありますが、70億円が政府、70億円が電力10社で持たれています。てことは、日本政府が持っている東京電力の株式は実質25%程度しか無い。いつから25%の保有で国有化というようになったの??おかしいでしょ??

要するに

間違い

政府
↓直接出資
東京電力

正しくは

政府

原子力損害賠償機構
↓間接的に出資
東京電力

となっています。何でこんなめんどくさいことした??そりゃ簡単。政府に買収されたくない。支配権持たれたくない。でも、お金は欲しいから。

原子力損害賠償機構が東京電力の大株主で、そこの資本金は半分が電力会社。これをなぜ国有化と呼ぶ?これを国有化と呼んで政府は東電に更に10兆円もお金を貸してる。ようするに、東京電力は原発事故を起こして1兆円を出資してもらった。それも直接出資では無く、間接的に出資させることにより、国の支配下から逃れ、でもお金だけ1兆円ゲット!さらに、まだまだお金が足りねーぞ!と言うことで10兆円借金。

原発事故を起こしたら11兆円ももらえました!やったー!!というのが東京電力の今の状況。おそらく、これから脱国有化には課題山積み!大変だ!!嗚呼大変だ!!と煽るだけあおり立て、脱国有化をして健全に運営してもらうためには、政府が貸し付けた借金を棒引きにするしか無いだのああだこうだどうのこうの・・・という風に持って行き、原発事故起こしたけど11兆円貰えたぜ!というスキームを書いてるでしょう。

酷いと思いますか?
私は酷いと思います。

でもね、読書せずにテレビと新聞だけ見てたら視点が一つしかないので、新聞記事を信じる人の方が多いでしょう。読書をしてると視点がテレビと新聞以外にも一杯出来てくるから、世の中の嘘、大嘘がドンドンわかるようになる。テレビと新聞しか見てない頃の世界がドンドン崩れていく。そんな感覚を味わうでしょう。怖っ!

私は東京電力の原発事故が起きて、すぐに自分の目で福島も仙台も見てきました。東電に税金が1兆円入ると聞いて、すぐに色々調べました。全て読書で得た視点を使い、ネットと図書館程度で調べられました。別に秘密の諜報機関がいて私だけがしれたわけじゃ無い。誰でも知ろうと思えばこんな嘘はすぐばれてしまう。それでもバレない。おそらく、こういう嘘のスキームを書いた人達は私たちが読書なんてしないと思ってるんだろうなあ。


一月万冊 YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/yukoreadman

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清水 有高

清水 有高Yukou Shimizu

ビ・ハイア株式会社 代表取締役

一月万冊 清水有高(しみずゆうこう)滋賀県出身。元不登校児、母子家庭育ち。ビ・ハイア株式会社代表取締役。滋賀県立大学人間文化学部卒業。ベンチャー役員、上場企業役員などを経験しコーチ、投資家、経営者として活動中。東京大学を始め各種大学でも講演多数。コーチングと読書を経営に活かし営業利益1億円以上、自己資本比率70%の会社を経営。8年間でスタッフ1人あたりの営業利益を100倍以上にする。

新着記事

人気ランキング