トップページ  » 読書ブログ  » 読書というのは心から知識を欲し、それを本気で実践してこそ意味があると中国人のスタッフに改めて教えてもらった

2018.10.12 FRI - 読書ブログ

読書というのは心から知識を欲し、それを本気で実践してこそ意味があると中国人のスタッフに改めて教えてもらった

DSC01250.JPG
やばい。うちの新しい仲間がヤバい。私がランチェスター戦略が好きでという話をしてたら自主的に「ランチェスター戦略でばりばり売る法―“金メダル”営業マンを育てる」という本を買って読んでた。何が凄いってこれ、31年前の本ですよ!かなり厳しいことも書いてある本。そら、ここに書いてあること読んで実践したら結果出るわ!という本です。

本というのは心から知識を欲し、それを実践したいという本気の心があって効果が出る。ちょっと感動したなー。この彼は中国人なんです。日本には中学生の頃から住んでるのでどっちもペラペラなんだけど、根性凄いよな。マジで凄い。

日本は中国にGDPとっくに追い抜かれていて、まだ1人あたりのGDPは負けてないぞ〜とか中国の統計は嘘っぱちだ〜とか、通貨が完全な変動レートじゃないから〜独裁国家だ〜とかあーだこーだ負け犬の遠吠えしてるけど、こんな風に中国の若者が自主的に、しかも異国の古い本を読んで本気で仕事しようとするなら日本人は負けてしまって当たり前じゃん(笑)

根性も気合いも読書量も違ったら負けて当たり前(笑)いや〜これは認めざるを得ませんな。私も気合い入れて更に読書して働くぞ〜。刺激を受ける新しい仲間がいてほんと良かった。ありがたいなあ。

コミュニケーション問題無いならインド人でも中国人でも宇宙人でも大歓迎!アニメゲームマンガが好きならOK!業界発展のための仲間は国籍星問いません!

清水有高プロフィール

清水有高プロフィール


会ったことがない人の場合、スパム防止のためにFacebookの友達申請は記事にイイネ!&友達申請してくれた人に私が承認するようにしています〜^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清水 有高

清水 有高Yukou Shimizu

ビ・ハイア株式会社 代表取締役

一月万冊 清水有高(しみずゆうこう)滋賀県出身。元不登校児、母子家庭育ち。ビ・ハイア株式会社代表取締役。滋賀県立大学人間文化学部卒業。ベンチャー役員、上場企業役員などを経験しコーチ、投資家、経営者として活動中。東京大学を始め各種大学でも講演多数。コーチングと読書を経営に活かし営業利益1億円以上、自己資本比率70%の会社を経営。8年間でスタッフ1人あたりの営業利益を100倍以上にする。

新着記事

人気ランキング